アイドル短歌:同単語・同テーマで詠む

 私「オンライン歌会しよ」

 風林さん「いいよ」

 という流れで、風林さん(何よりもまず、私も貴方と同じように人間であると信じています。)とオンライン歌会を実施しました。

 

 概要:同じテーマ、同じ単語で詠む。制限時間は1時間。

 

 

 

・同じ単語で詠む編

 

f:id:penguinkawaii:20200413182305j:image

 

【レモン】

まだ青いレモンはじける  今ここで始まる恋を嗅覚で知る (綴)

 

「かけますか?」「かけませんか?」愛される人だけ愛す レモンは気まま (風林) 

 いきなり個性の違いがすごくて喜んじゃった。レモンというお題を選んだのは私で、きっと多様な解釈が可能な単語だろうと思ったんだけどその通りだった。

  私のメモには「さっぱり」「酸味」「苦味」「柑橘系」「青春」「梶井―爆弾」「米津」というイメージが書き込まれている。梶井基次郎の「檸檬」のイメージを重ねられたら素敵だなぁと思ったんだけど、これはじっくり考えられるときにやろうと思って諦め、少し無難すぎやしないかと思いながらも「青春」のイメージと「レモンのにおい」をチョイス。

 昔、国語の教科書に掲載されていた「赤い実はじけた」というおはなしがある。恋(特に初恋)をした瞬間のことを「赤い実はじけた」と表現した物語になっている。アイドルへの恋は現実の恋とはちょっと違うよね、ということで「赤い実」の対になりそうな「青いレモン」という言葉を使ってみました。嗅覚から恋を知るというのは、抗いようのない野性の本能というイメージから持ってきたものです。恋は本能。

 風林さんの作品は唐揚げの横のレモン。レモンというお題に「かけますか?」ときた時点でウワー!最高!って。唐揚げのレモンって居酒屋で唐揚げ頼めばほぼ必ず目にするすごく日常的なものが短歌に登場し、ただの唐揚げのレモン以上の意味を持っているのがすごく素敵。私はこういう視点の転換に弱い。

 

 

【挨拶】

「ただいま」をくれる誰かがあなたにもいたならきっと僕は嬉しい(綴)

 

おはよう 夜思うより朝思うものが恋だね おやすみなさい(風林)

 「挨拶」は風林さんからのお題。日常の挨拶からチョイスするという面白いお題だった。

 私の短歌は「ただいま」の部分が最初は「おかえり」だったんだけど、入れ替えてみたらこっちだ!となったので「ただいま」を採用した。私は音楽の目覚めも初めてのCDもライブもすべてポルノグラフィティだったからポルノのことを「実家」と呼んでいる。たとえ他のバンドやアーティストのことをいいなって思っても私にはポルノという「帰る場所」があるって思っている。そんなふうに、誰かにとってはアイドルが「実家」だったりするんじゃないかなって思って、もし私の好きなアイドルのことを「実家」のように思っている人がいるんなら嬉しいなぁと思った短歌です。

 風林さんのはちょっと「ゆめかわいい」っぽい印象があっていいなぁと思った。少し毒っぽくてポエミー。風林さんから「朝」「夜」が出てくるとふふって思っちゃう。私は風林さんが「朝」「夜」に引っかかり続ける人だと思っているので。ふふ。

 

 

【インモラル】

内側をひらいた君を読んだことインモラルだと思いませんか(綴)

 

行いが正しく立派な見てくれに似合ってしまった色 インモラル(風林)

 まず「インモラル 意味」で検索したら「不道徳」って出てきたので不道徳っぽいことを連想して、「見ること」または「文章は裸」というふたつが出てきました。「あなたが服を着ていようが文章は裸だからそれを読むことはインモラルだよね」っていうことが言いたかった……んだけど、いろいろ考えているうちに裸というよりあれは内側だよな……って思ったのでそっちに方向転換しました。「見ること」の方向性で「かき混ぜたいんだ」の加藤さんのことにしようとも思ったんだけどうまくいかなかった。

 具体的に言ってしまうと、私のは加藤シゲアキさんのエッセイ『できることならスティードで』に対する感想です。あの人のエッセイは自分の内側を見せてくるような文章じゃないですか。それを読むって行為はインモラルだなと思ったんだけど、たぶん書いた側としてもわかっているでしょう?あなただってインモラルだと思っているんでしょう?という短歌です。疑問ではなく反語。若干キレつつの反語。

 私が諦めた「見ること」の方向性で風林さんが詠んでくれたのでよっしゃ!と思いました。「色」がいい。「色」っていろんな意味があるし、単純にcolorという意味だけじゃなくて「色っぽい」「色欲」という言葉もある。そこに「インモラル」って続くんだから、ねぇ。いいよね。

 

 

【ボタン】

押しボタン式になってる信号でいつまでも青を待っている君(綴)

 かつての加藤シゲアキさん=加藤成亮くんを詠んだ短歌です。

 これは最初、「押しボタン式になってる信号で待ちぼうけする君に幸あれ」だったんですよ。押しボタン式の信号なのにそれと知らずに待っているような人、というイメージで、小山さんなら(天然だし)そういうこともあるかなぁって。でも私の意地悪な部分が出てきて、押しボタン式の信号だとわかっていて押せない人のことが思い浮かんじゃったんですよね。なので方向転換しました。

 「押せばいいのに」って外野が見れば思うけど、本人には何か思うところがあって押さない、または押せないでいる。私が今見ている加藤さんはボタンを押せた加藤さんなんだよな、と思って嬉しくもあり寂しくもあります。

 

 

【手を振る(「手を振った」等でも可)】

本当はしたくないけど手を振った さよなら またね ここで会おうね(風林)

 素直でいいな~!って思った短歌。「手を振る」は私が出したお題で、これもいろんな意味があるなって思ったけどこんなに素直にコンサートの終わり際の風景が思い浮かぶものになるとは思わなかった。単語編の画像を作ったのは私なんですが、NEWSのコンサートをイメージして四葉のクローバーにしました。

 

 

 

・同じテーマで詠む編

 

f:id:penguinkawaii:20200413182322j:image

 

【担降り】

始まりの日は覚えてて死んだ日が見当たらなくてでももう無い 愛 (風林)

 

君のこと後悔しない あんなにも愛してたこと愛されたこと(綴)

 私の最近の議題である「担降り」をテーマとして出してみました。別に担降りすることを考えているわけではなく、「オタクはなぜ担降りするのだろう」という考えているというか。

 風林さんの「死んだ日が見当たらなくてでももう無い 愛」がすごくどうしようもなくていいなって。別に捨てようと思って捨てたんじゃないんでしょうね、「愛」。いつのまにか「もう無い」状態になっちゃったんでしょうね。なんとなく腑に落ちた感じがしました。

 私のは「君のこと後悔しない」がすべてで、そこで言いたいことは言いきれているので後ろは若干蛇足ではある。私がいつか担降りするときはそういう気持ちでいたいなと思ったし、今まで好きだったアイドルたちにもそういう気持ちでいるなぁと思ったので。

 

 

【曇り】

曇りのち雨ののちのちのちのちの、のちのちいつかヒカリ差すから(風林)

 

パーカーが乾ききらない空模様  君のTシャツはどんな具合か(綴)

 風林さんのめちゃくちゃいいよね~!こういう言葉遊びというか、音で遊べる短歌ってすごくいいな……って思います。遊んでるだけじゃなくてちゃんと意味もあるし。やわらかな希望がうたわれているなぁと思って、すごく好きです。

 私のは、アイドル短歌で普遍的に詠まれるテーマのひとつ「同じ空の下」の短歌です。洗濯って生活するうえで必要なことだけどアイドルが洗濯してるところは見えないから詩になるというか。短歌に詠まれる「洗濯」が好きです。私のパーカーは乾かないけど、あの人のTシャツは乾いているだろうかっていう、「洗濯」という行為から誰かを想ったらそれは多分その人のこと好きなんだろうなって。

 「同じ空の下」短歌、そのまま「同じ空の下」を入れることで効果的なこともあればそうじゃないこともあるなって思います。たとえば風林さんの連作「有事」のうちのひとつ、

非常食懐中電灯常備薬同じ地球を生きていくきみ

 は「同じ地球」があるとないでは全然違うと思うし、あるからこそいいとすごく思う。非日常な事態にそなえて用意しておくべきものが並んでいるんだけど、非常食(すごく非日常)→懐中電灯(「非常」という語が入らないので見た目の非日常度が下がる)→常備薬(普段から持っているものでもある=日常に近い)→同じ地球を生きていくきみ(「きみ」はこの短歌の主人公にとって日常なんだけど「同じ地球を生きている」ことまでは普段意識していないかもしれなくて、この非常事態になって強く意識したのかもしれない感が出ている)っていうグラデーションがすごく奇麗。

 でも今回の私の短歌に「同じ空の下」的な意味合いの言葉をそのまま入れてもダメなんですよね、野暮すぎて。短歌って面白いですね。

 

 

【欲望】

前ならえ右向け右に従えぬ それが悪かは君に任せる(風林)

 

欲望はぜんぶエゴだよ 守りたい、優しくしたい、笑ってほしい(綴) 

 同じテーマということで私が出したお題が「担降り」と「欲望」でした。テーマ出した時点で風林さんがウワ……ってなってて面白かった。

 「前ならえ右向け右に従えぬ」もの=欲望、っていう構図がいいですよね。わかる~って思う。自分ではどうしようもないもの、自分では手に負えないもの、という側面は確かにある。

 私の短歌は私がいつも言っていることなので別に上手くもなんともないんですが(いつも言ってることそのままなので)、おたくがアイドルに抱きがちな感情「守りたい」「優しくしたい」「笑ってほしい」というのもまた欲望だしエゴなんだよってことを忘れずにいたいです。「あなたのため」って思った瞬間に終わる何かがあると思うから。それはあくまで「私のため」だよ。

 ちなみに「欲望」というテーマはアニメ「さらざんまい」でも扱われていて、「さらざんまい」のキャッチコピーとして「手放すな、欲望は君の命だ」というのがあります。さすが幾原監督……って気持ちになる。まだこの言葉の意味を理解するところまで辿り着けていないんですが、短歌を詠んでいくことでいつか近くまで行ければいいな。

 

 

【セクシャル】

守りたい 背負いたい 奪いたい どこまでいっても君は男だ(風林)

 「欲望」「セクシャル」という異なるテーマで「守りたい」という単語が出てきて二人でめっちゃ喜んだやつです。男と女って二択で語れるものではなくグラデーションみたいなものだと思っている節があるので、近いことを思っていそうな風林さんからこの短歌が出てきたことが最高だと思いました。風林さんのひどい部分が見えて喜んじゃった。でもやっぱり優しい部分があるよね。絶望ではあるけれどその先に救いがあるかもしれない可能性が見える。

 

 

【蟹】

内臓も美味しくどうぞ 殻以外食べられるでしょ僕はアイドル(綴)

 私のひどい部分が出た短歌ですね。気に入っています。秒で出た短歌。

 風林さんが提示した「蟹」というテーマで、まぁ食べるほうの蟹だろうと思いました。とはいえ私は蟹が嫌いなので味について言及するわけにいかず……前にテレビで「蟹は殻以外食べられるからね」って言ってたのを思い出してそれをモチーフにしました。カニバリズム的なイメージが好きなので(あくまでフィクションにおけるカニバリズムですよ)、それも重なっていい感じだなと。蟹だけに。

 「食べる」って行為は「食べる者」と「食べられる者(物)」がいて成立する行為だし、食べる者=生きる/食べられる者(物)=死ぬという意味において力関係が明らかな行為でもある。すごくグロテスクでエロティックな行為でもあると思うんですよね。『できることならスティードで』を読んだときの若干の背徳感みたいなものもそうなんだけど、誰かの内側に触れる行為って背徳的じゃないですか。そういう「アイドルを消費すること」の背徳感に「食べる」という行為のグロテスクさとエロティックさをプラスした、とても意地悪な短歌です。

 余談ですが、私の好きな小説に『かにみそ』という作品があります。拾った蟹に餌をやっていたら食べるものがどんどんエスカレートしていって人間に辿り着き……みたいな。ラストがすごく美しいんですよね。よかったら読んでみてください。

 ちなみに蟹短歌の前に詠んだ短歌が蟹の対になりそうなのでここに掲載しておきます。

肉が裂け骨が砕かれ苺とかキャンディが散る 君はアイドル

 基本的にはできたらすぐTwitterに載せちゃうタイプなんですが、残酷だなぁ……と思ったので寝かせた短歌です。これを残酷だと思うくらいの人の心は私にもあります。

 

 

 

 

 

・感想

 オンライン歌会しようぜって話になり、やる日と「お題があったらいいよね」だけ決めて当日通話をつないで、いきなり「制限時間を設けてやってみよう」という話になって実際にやってみたらびっくりするほど早く時が経った。ほんとに1時間あった?って思っちゃうくらい。脳をフル稼働させすぎて、短歌を提出してしばらく二人とも脳を介さない言葉しか発さない時間があった。返歌とか連歌もしたいねって言ってたのに、もう脳を使い切ってるから無理だった。

 でも短時間だからこそ、練りすぎないからこその短歌っていうのも出てきたので、すごく良かったな。

 

 

 

・私と私の短歌

 アイドル短歌を初めて詠んだのは2015年なんですが、別に何を思ったわけでもなく「アイドル短歌」というものを見かけて「私にもできるやつだな」と思ったからやってみただけのことです。それまで短歌のつくりかたを勉強したことはなかったし、歌集を読んだこともなかったと思う。授業で習う短歌なら知ってる程度。今も私の短歌は我流でやってます。

 2015年、2016年あたりの短歌は今と作風も違うのであんまり気に入ってはいないんですが、2017年あたりからは今のスタイルが確立されてきました。Twitterで呟く内容にはあんまりひどいこととか残酷なことは言わないようにしようと思っているんですが、そういうことを「思う」ことはある。どうにか表に出せないかと苦心した結果が「短歌にする」でした。短歌にしちゃえば残酷なことも言えるなって。短歌はあくまで作品なので、私の本心が反映されているとは限らないじゃないですか。ねぇ。それがエスカレートして年々残酷になっているところはありますが。

 

 短歌は我流とはいえ、私の「言葉」の源流は間違いなくポルノグラフィティ新藤晴一さんです。あの人の言葉のテクニックが私のなかにも息づいているなぁと如実に感じます。

 たとえば今回の【曇り】の「パーカーが乾ききらない空模様  君のTシャツはどんな具合か」なんてそうだよな~って。「曇り」という単語は入れていないもののどんよりした天気であることを書いているし、「洗濯」という単語も入れていないけど「洗濯」が書かれていることも伝わるんじゃないかと思うし、自分が洗濯している場面から相手のことを思っていることを書いていて、この「書いてないことを読ませる」というテクニックを私は新藤さんから学びました。具体例でいうとポルノの「ワン・ウーマン・ショー~甘い幻~」(ポルノグラフィティ ワン・ウーマン・ショー ~甘い幻~ 歌詞 - 歌ネット)の歌詞なんかがそうで、「私」と「あなた」の関係について明確な言及は避けているのにどういう関係なのかわかっちゃうんですよね。

 引用の使い方も新藤さんから学んだと思う。今回でいうと【レモン】で「赤い実はじけた」のイメージを重ねているのもそうだし、昔詠んだ

君の星(B612)が見えるから砂漠にいても迷わずに済む

という短歌も、『星の王子さま』からの引用になっています。王子さまが住んでいた星の名前が「B612」で、それと加藤さんのソロ曲「星の王子さま」を重ねている。ポルノの歌詞にもそういう引用が結構あるので……自分でもやってみたいって思っちゃうんだろうな……。

 

 それと、新藤さん以外に私の短歌に影響を与えている人たちがまだいます。たまというバンドと会田誠さん。

 たまは4人組(のちに3人組になって既に解散している)バンドなんですが、4人とも作詞作曲ができてリードボーカルも曲を作った人によって変わるという不思議なバンドです。歌詞もメロディも全体的に変わっているというか、唯一無二×4みたいな感じで、誰が作詞作曲してもどこか不気味だったり怖かったり残酷だったりしてすごく好きなんですよね。そういうエッセンスが間違いなく私のなかにもいるなぁって感じがします。ちなみに私はたまの曲を胎教&子守唄にして育ったそうで「れいこおばさんの空中遊泳」を聴くと泣き止んでいたそうです。今は「夏の前日」「満月小唄」「星を食べる」「夜の緞帳」などが好きですね。

 会田誠さんは現代美術のアーティスト。以前加藤さんが書評で会田さんの小説を紹介していたこともありました。私は小説のほうは読んだことはないですが、美術展「天才でごめんなさい」にはなぜか2度も行きました。同じ展示に2度も行ったのは初めてだったな。グロかったり残虐だったりするので、気になった方は自己責任で検索してください。グロかったり残虐だったりするけどすごく惹かれる部分があるというか……グロいものや残虐なものをそこそこ直接的に作品にできちゃうんだな、って感動しちゃったんだと思います。

 他にも多分いろんなものから影響を受けていて、それらが短歌に表れているように感じます。私の読んだものや見たものや聴いたものが短歌になってるんだろうな。ちなみに今回の制限時間1時間のあいだはずっとスピッツを聴いていました。スピッツの歌詞もメロディもちょっと寂しくて切なくてたまに残酷ですごく好きです。

 

 

 

・アイドル短歌について

 風林さんと通話していて、「アイドル短歌の本質は{寂しい」だよね」って話が出ました。でもその寂しさを肯定したいよね私たちはアイドルのファンだから、という話も。

ブランコで些細な秘密打ち解けた あたたかいのは空想のきみ

拒否されることも受け入れられることもないからこの好きはのびのび 

 これらは風林さんの短歌ですが、寂しくないですか。寂しいんですよ。寂しいけど、それでも微笑むことができる優しさがその先にある。優しいなぁと思います。私が持てない類の優しさだなって。ふたつ目の短歌を私が詠んだら「のびのび」は出てこないもんな~羨ましい。

 私は「ほらこんなに寂しいんだぞ」って見せつけるような短歌を詠んでしまいがちだけど、それをわざわざ言葉にするのは結局のところその寂しさを肯定したいからなんだろうなと思います。肯定するにはまず寂しさを知るところから始めよう。

 他にもこういう信条があってね~って話もしたけれど、ネット上に出せる話と出せない話があるのでまた今度にしましょう。

 

 これからも「寂しさ」と仲良く、アイドル短歌を詠んでいきたいです。

 また歌会しようね~!