私の「特別」な幸せ:「クローバー」を聴いてのラブレター

 アルバム『STORY』発売おめでとう〜!!!しげかとう〜!!!!!

 

 クローバーの感想を書いていたらめちゃくちゃ長くなってしまったのでこれだけでひとつの記事にすることにしました。感想というか、勢いだけで書いたラブレターです。

 

 

 歌詞を見ただけで誰がどこ書いたかわかっちゃうね。いとしいな。「希望〜yell〜」を使っているのめちゃくちゃにエモ。歌詞の内容もエモ。以下、ウワーーー!ってなって書いた感想文です。

 

 

 まず増田さんパート。歌詞における増田さんの言語センスが好きすぎて、もっと増田さんに歌詞(というか文章)書いてほしい……って思っちゃう。でも本をあんまり読まない人だから書くのは好きじゃなかったりするのかな。テゴマスの「月の友達」とかもすごく好きなんだよなぁ。唯一無二の言語センスだと思う。真似しようと思っても絶対上手くいかないだろうな。

 今回の歌詞はかわいいだけじゃなくて、すごく強い優しさも含まれている。「逃げる場所にしたっていい」「辛くなるなら、聞かなくていい」。NEWSの曲を聴いたり、NEWSが出ている番組を見たりすることが「逃げ」になってしまうことも、まぁある。しんどい生活と向かい合う気力がないからアイドルを見ていることって、ある。それをアイドル側から肯定してくれることが、なんだかすごく嬉しかった。曲を聴いてつらく思うことがあることも、知ってくれているんだね。それを「聞かなくていい」って言えてしまうの、すごいよね。増田さんの不器用な優しさがすごく伝わってくる。

 「いつでもいつもここに来て、俺に甘えていいんだよって伝えてあげたいだけなんだ」って、アイドルにそう思われているって私めっちゃ幸せなファンなのでは!?ってびっくりする。そりゃあお互いに自立している関係がかっこよくて理想形なのかもしれないけど、甘えたいときとかあるじゃん。でも、その気持ちを「誰か」にぶつけられないときもある。そういうときに、あぁアイドルは(というかNEWSは、増田さんは)受け止めてくれるんだなって。こんなに甘やかされちゃってどうしよう。そんなに好き?私も大好きだよ!!!!おやつ何もっていこうかな~!!!!

 

 

 次は加藤さんパート。前半は状況の描写で、小説始まったか?ってくらい小説。もしこれがあまり上手くない文章だったら前半は「で?」ってなっちゃうところなんだけど、あぁきっとこの歌詞の語り手にとってこのラジオの声で希望が灯ったんだろうなってちゃんとわかるから加藤シゲアキさんの文章ほんと好き~~~!!!!って思う。具体例を用いて「僕にとってはこれが希望だった」って示してるのめっちゃいい。言い換えたらすごく端的な言葉で表せるのに、それを伝えるためにこれだけの言葉が必要で、これだけの言葉を使っているから届くものがあるんだよなって。

 「希望を手放さないで 絶望に手を出さないで」って言葉もいいな。「僕らの手を握っていて」って。「僕らの手」=「希望」ともとれる。そうだよ、NEWSは私の希望だよ。絶対に手放したくないな。

 4人の歌詞のなかで、加藤さんだけ聴き手に「何かをしてあげたい」みたいな部分がない。それがすごく加藤さんらしいな~って思う。むしろ、「希望を手放さないで 絶望に手を出さないで 僕らの手を握っていて そのぬくもりを忘れないで」っていう、聴き手に対してのお願い事項になっている。アイドルのことを好きでいるのって、こっちの意思によるところが大きい。アイドル自体が変わっていく(変わらない人間なんていない、という意味で)こともあるだろうけれど、それ以上に自分が変わったから、というところが大きいんだと思う。私は「僕らの手」を握っていることが「希望」を手放さないことに繋がっていると確信しているから、NEWSのことを手放さずにいたいな、と思う。

 そして最後に「約束しよう」。「チャンカパーナ」を踏まえているみたいに思えるし、私がNEWSのことを好きでいる限りNEWSも私のこと好きでいてくれるんだろうな~って思えた。約束しよう、美しい恋にしようね。大好きだよ。

 

 

 小山さんパート。優しすぎて溶ける。愛にかたちはないけど、かたちとして求めちゃう部分があるのは否めないじゃん……わかる……ごめん……ってなった。もしかしたら小山さん自身にもそういう部分があるのかもしれない。だから、わかるからこそ、すぐに言葉にして伝えようとしてくれるのかも。私はいつも小山さんの言葉に安心をもらっているよ。ありがとう。

 「近くにあるよ いるよ 気付いてよ」「いつでも君の心にいたい」って、そうなんだよな小山さんってそういう人なんだよな~~~!!!って思って愛しさが爆発した。だってたぶん、小山さんの心にはいつもファンがいるよね。サービス精神もりもりの自撮りとか、テレビで話している言葉の端々とか、いろんなところで「この人ファンのこと考えてくれてるなぁ」って感じる。だからきっとそれと同じくらい、自分がファンの心にいたらってきっと思うんじゃないかなぁって。そこから「抱きしめる」っていう物理的な愛が出てくるのもさ、好きしかない。好きしかないんだよな~!!!

 あの記号が並んでいるのもすぐに読めちゃって愛しさしかない。そういうことをするの、小山さんだな~!って思った。「みんなの愛と笑顔で 僕はずっと優しくなれんだよ」って書いた人だなって。小山さんが小さい頃の自分に伝えたいと思うほどの愛を、NEWSを一緒につくれているのだとしたら、すごく嬉しいな。

 コンサートで、「みんなはいつも僕らを応援してくれるけど、僕らもみんなを応援してるから」って言ってくれたことがあったね。すごく驚いたから忘れられない言葉。だって、私がNEWSを応援するのは、ただただ私のためだから。私が欲しいからCDを買うし、私が行きたいからコンサートに行くし、私が見たいからテレビを見る。だから、私が行動したらもう完結しているものだと思ってた。私がNEWSのこと好きなのは私のためだから。でも、好きって気持ちが届いたらいいなって思うのは否定できない。だからこのとき、NEWSに届いていて嬉しいなって思った。そしてそのうえに「僕らもみんなを応援してる」って言ってくれて、いいの!?って驚いてしまったな。私は私が好きでやっているだけで、もしもその気持ちが届いてたらいいなとは思っていたけど、それ以上のものが返ってくるなんて思ってもなかったから。でも、小山さんならそういう言葉が出てくるよな~って。だって優しいもん。優しすぎて心配になることもあるくらい優しい。小山さんを見ていると、私も優しくなりたいなって思える。本当に、憧れの人です。あなたみたいに優しくなりたいなって思ってるんだ。大好きだよ!!!!

 

 

 最後は手越さんパート。メロディにのせるから、他のメンバーよりも言葉数が少なめになっていて、手越さんらしいなって思った。少ない言葉のなかに愛がぎゅっと詰まっている。RINGとかだとあんなに饒舌に喋るように書く手越さんのことを知っているから、なんだかとても愛おしくなる。

 黒髪の、ほっぺがもちもちしていた頃の手越さんを思い浮かべる。私はリアルタイムで知っていたわけではないけれど、あの男の子に見えていた世界はどんなだったんだろうな、と想像してしまう。未来への希望で胸の中まで輝いていただろうか。不安や、折れてしまいそうになることもあっただろうか。あっただろうな。それでも今、ファンの前で笑っている。「永遠に君に幸あれ」と歌っている。

 私は「あなたのためは自分のため」という論で生きているから、「あなたのため」という言葉にはあんまりいい思い出がない。きっと手越さんが笑顔で歌っていることは手越さん自身のためでもあるんだろうけど、いくらかはファンのためなのかもしれない、と思う。ていうか、そう思ってくれているんだろうなって。なんていうか……「あなたのため」って思うことが自分のためになってるっていうか……そういう健全なかたちの「あなたのため」もあるんだなってNEWSと出会って知った。たまに重すぎるくらいの愛だなって思うときもあるけど、手越さんが負担に思っていないならこっちとしては受け止める気は満々です。勿論、私のためにね。

 私含め、沢山のファンが「あなたが必要だよ」って思ったことが手越さんの力になっているんだろうって思えちゃうんだよな。そんな気持ち、ただのエゴなのに。だからときどき申し訳ないような気持ちになってしまうこともあるんだけど、届くことで何かがいい方向に変わるってこともあるんだろうな。手越さんにも幸あれっていつも思ってること忘れないでね。無理もしないでね。だって大好きだから。私も笑顔がかわいい人が好きなんだ、手越さんのかわいい笑顔が大好き!!!!

 

 

 NEWSがファンのこと好きなの知ってたけど、そんなに好き!?ってびっくりしてしまうほどNEWSがファンのこと大好きでびっくりした。アイドルのことを好きでいると、外野から「口だけ」「本心じゃない」「リップサービス」「そういうことを言うのが仕事」って言われることってたまにあるじゃないですか。ぶっちゃけ本心じゃないかどうかなんてそういうこと言ってくる人にも私にもわからないじゃないですか。わからないのになんで決めつけるんだろう。私は、私が今までNEWSと過ごしてきた日々を踏まえたうえで、NEWSがファンに伝えようとする愛の言葉は嘘じゃないって思えるよ。でも別に嘘だったとしてもいいよ。そうやって錯覚できるだけの関係を、私とNEWSが築いてきたってことだから。幸せです。

 

 

 私がNEWSを「特別」に思うように他のアイドルが好きな人は他のアイドルを「特別」って思うんだろう。「特別」なんて世の中にありふれている。だけど、そのひとつひとつが「特別」だと、やっぱり思う。何を選んでもきっと「特別」になる。だから、その中でNEWSを選んだ意味は?って考えることがある。

 意味なんてないかもしれない。誰でもよかったかもしれない。今までだって他のアイドルを好きだったこともあるし、その気持ちがNEWSに対する気持ちとどう違うかって説明するのはすごく難しい。もしかしたら同じかもしれない。同じように「特別」だったかもしれない。過ぎ去った時間のことは、そのときに言える言葉は本物だけど今の私が言ったって正確さに欠けてしまうから言えることは何もない。私は「今」の話しかしたくないし、できないと思う。今、私はNEWSを選んでいる。こうしてNEWSを選んでいることを、私は幸せだと思う。こんなにも愛してもらえて、こんなにも愛を受け取ってもらえて。愛はエゴだって思うし、単純にいいものだと言い切れるわけでもないけれど、お互いに愛し合えていることは幸せだと思う。奇跡だよ、愛し合えることなんてありふれているかもしれないけれど、ありふれていたって奇跡であることにかわりはない。

 

 

 私はNEWSを選んで幸せだよ。ありがとう。

 

 

お題「NEWSアルバム『STORY』レビュー」

 

 

STORY (通常盤) (CDのみ)

STORY (通常盤) (CDのみ)

  • アーティスト:NEWS
  • 発売日: 2020/03/04
  • メディア: CD
 
STORY (初回盤) (CD+DVD)

STORY (初回盤) (CD+DVD)

  • アーティスト:NEWS
  • 発売日: 2020/03/04
  • メディア: CD