夢見た記憶は夢ではなくて ―「ゼルダの伝説 夢をみる島」―

 ※当記事は「ゼルダの伝説 夢をみる島」のネタバレを含みますが、記事の内容としては特になんてことない思い出話です。

 

 

 

 

 ゲームをする家で育ちました。親もゲームが好きだったからです。

 SFC以降の任天堂据え置きゲーム機はすべて持っていたし、GBC以降の携帯ゲーム機もすべて持っていた。ゲーム知らない人からみたらSFCGBCも何のことやらだよね。スーパーファミコンゲームボーイカラーです。

 いろいろやってきたけれど、特に好きなゲームは「星のカービィ」シリーズや「キングダムハーツ」シリーズ、そして「ゼルダの伝説」シリーズ。その「ゼルダの伝説」シリーズのなかでも初めて触れた「夢をみる島」が、Switchにてリメイクされた。

 

 SFCを買ってすぐ64が出たけれど、私は大きい画面でやるゲームよりどこでもできる携帯ゲーム機が好きだったのでゲームボーイポケットゲームボーイカラーをよく遊んでいた。大きい画面でやるゲームは複数人対戦ができるからみんなでやるゲーム、みたいな印象があったのかもしれない。携帯ゲームはひとりしかできないから、自分だけの世界というか。6464マリオパーティとかスマブラとかカービィ64とかいろいろやってた。

 GBGBCではポケモンとかポケモンカードGB2とかをやっていたことは覚えている。他にも沢山やってるんだろうけど、「夢をみる島」の前か後かが思い出せなくて……。今までにやったゲームのなかで「夢をみる島」が特に好きなのは、謎解き要素が組み込まれていてストーリーも重たくてアクション性もあるRPGだったからだろうな、と思う。ゲームの謎解きの快感というのを、私は「夢をみる島」から教えてもらった。あとアクション性のあるゲームが苦手なんだなってことも教えてもらった……好きだけどね。己のどんくささがリアルだけでなくゲームの世界でも発揮されてなかなか悲しかったことは覚えている。´ジャンプが苦手でめっちゃ穴に落ちてた。今回のリメイク版でもめっちゃ落ちた。

 ちなみに「夢をみる島」で「ゼルダの伝説」シリーズにハマり、その後「ふしぎの木の実」は時空の章も大地の章も買って遊んだ。GCが出てからは「風のタクト」で号泣し、その初回特典か何かでついてきた「時のオカリナ」もやった。「ムジュラの仮面」は途中でリタイアした気がする……トワイライトプリンセス」「スカイウォードソード」はやった。「スカイウォードソード」のラストもぐっときた……次は「ブレスオブザワイルド」をやろうと思っているところ。

 

 

 

ゼルダの伝説 夢をみる島 -Switch

ゼルダの伝説 夢をみる島 -Switch

 

 

 

 リメイク版、鮮やかなグラフィックでコホリント島を見られるのがすごく嬉しい!ドット絵は勿論かわいいけど、どういう仕組みになっているのかよくわからない描写もあったから、それがちゃんとわかるようになるのは嬉しい。

 それに、どこかおもちゃっぽいビジュアルがとてもかわいい。ミニチュアみたい。Switchで出すなら普通のグラフィックにすればいいって思うかもしれないけど、このミニチュアみたいな感じが「夢をみる島」にはぴったりなんですよね……だってこれはかぜのさかなが見ている夢だから。実在しないものだから。

 GBCでやっていたときにはそれなりに広いと思えたフィールドと8つのダンジョンも、Switchでやるとすごく狭く見える。でも、この狭さにも意味があるのが「夢をみる島」だ。だってこれは夢だもんな……世界の端があってそれ以上向こうにはいけなくたって納得してしまう。それと、リメイクによる追加要素がパネルダンジョンくらいしかないのも世界観を壊さなくていいなと思った。クリア後要素が欲しい人もいるとは思うけど、島が夢だった以上クリアしちゃったらもう島は消えちゃうから……私はそこが崩されなかったことが嬉しい。クリアしたあとも感傷に浸っていられる。

 BGMも懐かしい部分があってすごく好き。なんでこんなに懐かしいんだ?と思ったらピコピコする音が残っているんだって気づいた。そしてエンディングではファンファーレみたいにオーケストラの音が響くのがまたいい。世界を救った……かどうかはわからないけど、かぜのさかなは目覚めて新たな朝を迎えたのだから、この晴れやかなエンドロールの曲が似合うと思う。

 Switchでリメイクするのだからやれることは沢山あるけど、それをやるかやらないか、きっと議論されて作られているんだろうなって感じがした。いち「夢をみる島」ファンとして、「夢をみる島」を愛して作られたこのリメイク版に感謝しかない。

 

 

 あと、かつてGBCでやっていたときには全然気づかなかったんだけれど、あのおばけ!当時はなんの違和感ももたなかったが、今やってみると明らかにあのおばけのくだりはちょっと浮いているような気がするのだ。お墓にダンジョンがあるわけでもないし。

 で、この違和感について考えながらおばけの家を見ていたら、テーブルの上に地図が置いてあってぴんときた。もしかしたらあのおばけはコホリントに流れ着いたがかぜのさかなを目覚めさせられなかった「めざめの使者」だったのかもしれない。主人公と同じく、コホリントを冒険していて、その過程で命を落としてしまったのかも。そう考えると主人公に憑りついたのも納得がいく。でも、だとしたらあのおばけめちゃくちゃ悲しいな……。おうちに連れていけてよかったな……。荒れ果てた家を見て「変わってない」って言うのもしんどいポイント。

 昔はおばけについて疑問をもってすらいなかったので、私も成長したんだなぁと思ったりした。

 

 

 

 私は小学生の頃にやっていた「夢をみる島DX」のことを覚えている。どろぼーと呼ばれる日々のこと、ワンワンの散歩に行かされること、うるりらじいさんに電話をかけても欲しいヒントはそれじゃないんだよ~っていらいらしたこと、貝殻がみつからなくてあちこち掘って回ったこと、流行りのゲームがへたくそだったこと、ダンジョンでもフィールドでも道に迷いまくったこと。

 あのときは家にパソコンもなかったし、攻略本も持っていなかったから自力でクリアしたはずだ。どんな些細な謎解きでも、わかった瞬間はすごく嬉しかった。ここはフックショットを使うんだ!とか、氷を溶かして階段にして先に進むところとか。あれめっちゃ時間かかったな……。同じところを何度も行ったり来たりしたし、とにかくぐるぐるしたし、いっぱい迷ったし、いっぱい穴に落ちた。最後のダンジョンとか一回入ったら道わからなくて出られなくなるし地獄だったな……。でもそれがすごく楽しかった!

 

 私は、かつて冒険したコホリント島のことを覚えている。私のなかには「夢をみる島DX」のマリンやコホリント島の記憶があって、今回のリメイク版で何度も懐かしいなぁって思った。それってかぜのさかなが言っていたことと似ている。ゲームのなかのコホリントは夢だったかもしれないけれど、冒険を終えた主人公がマリンのことを思い出すように、私のなかにもずっと残っている。最後にかぜのさかなと対峙して、私はこの島のことを覚えていたんだ、この記憶は夢ではなくて本物なんだって思った。島が消えていくのがすごく寂しくて、でも魔物だらけになって島が破滅してしまうよりはいいのかなとかいろんなことを思ったりした。

 かつてプレイしたときはどろぼーになって店主にビームで撃たれたしニワトリにもやられたし、何度かゲームオーバーになっているから真エンディングは見ていない。そもそもそんなものがあるとも知らなかった。でも、今回は知っていたからなんとかゲームオーバーにならずにクリアして、カモメが羽ばたいていくのを見た。十数年越しにマリンを大空へ羽ばたかせることができた気がして、ちょっと泣いた。

 

 これから先も、コホリント島のこと、覚えているよ。