君に似ていて忘れられない —アイドル短歌まとめ10—

 

 

 

複雑な気持ちを示す漢字だし難しくっても仕方がないな

(お題:戀)

 

 

 

僕だけが紡ぎ綴れる物語 どこかの君よ聞いてくれるか

(お題:Narrative)

 

 

 

永遠を誓うよ君の赤い糸辿った先に僕がいただろ

(お題:プロポーズ)

 

 

 

黄金の心をもって歩いてく 眩いライト、ここはステージ

(お題:STAY ALIVE)

 

 

 

全方位開運だからどこ向いて食べても君はラッキーボーイ

(お題:恵方巻き)

 

 

 

鬼は外、福はうちではなくていい 福はできればあなたのもとへ

(お題:鬼)

 

 

 

「豆まきはしないだろうけど夕飯に豆を取り入れそうな人なの」

(お題:豆)

 

 

 

3本もリーチを作っておきながら上がりきれない君だからいい

(お題:ビンゴ)

 

 

 

君が言う君らしいものを辿ったら君を錬成できるだろうか

(お題:しげしげしい)

 

 

 

生活にあなたがまじる 紺色を赤が染めゆく朝焼けみたい

(お題:朝焼け)

 

 

 

散らばった破片の中に一輪の横たわる花 わたしのあなた

(お題:花瓶)

 

 

 

雪が解けふたたび凍るように好きと嫌いで揺れてつららが育つ

(お題:つらら)

 

 

 

生命を鳴らすと書いて「うた」と読む 僕の辞書にはそう書いてある

(お題:歌)

 

 

 

熟れすぎて割れた柘榴の赤色が君に似ていて忘れられない

(お題:ざくろ)

 

 

 

新鮮な魚もいつか腐るのに 見つめることしかできない 罪

 

 

 

真実は求めていない 誠実でありたいというたったそれだけ

 

 

 

中身などない愛ですよ 僕たちのあいだには何ひとつないのだ

 

 

 

何ひとつ始まらないし終わらない なんにもないという(ふ)しあわせ

 

 

 

実在の君を見ながらでたらめな言葉あてはめ遊んでいるの

 

 

 

行ったことないはずなのに知っている 君がうつした風景のこと