映画「泥棒役者」主題歌としての「応答セヨ」

 要約:新藤さんの歌詞のすごさを知るためにも映画「泥棒役者」を観てください

 

 「応答セヨ」を初めて聴いたときから、新藤さんのいいところの詰まった素敵な歌詞だと思っていた。どことなく丸山さんや関ジャニ∞とも重なるところがあり、しかしポルノファンにも伝わる(むしろポルノファンにしか伝わらない)ギミックも仕込まれていて、本当に素敵な歌詞だと思った。
 でもそれだけじゃなかった。「応答セヨ」は映画「泥棒役者」の主題歌として書き下ろされたものだ。映画の内容を反映していないわけがない。映画を観る前の私は「きっとこの歌詞のように優しく背中を押してくれるような映画なんだろう」と思っていた。それは勿論当たっていた。
 でもそれだけじゃなかった。さっき「でもそれだけじゃなかった」って思ったけど更にそれだけじゃなかった。
 なんなの、新藤晴一、マジでなんなの!?この人本当にすごいな!?あまりにもすごすぎて、映画のエンドロールで「作詞:新藤晴一」の文字を観て泣いてしまった。こんなにすごい歌詞を書く人が、私が永遠に憧れ続ける人であるということが、勝手に誇らしく思えて仕方がなかった。この曲はまさしく映画「泥棒役者」のために書き下ろされたものだった。映画「泥棒役者」を見ることで、「応答セヨ」の最後のピースがはまる。そうしてできあがったものをみて、改めて「応答セヨ」の歌詞のすごさに驚嘆する。
 というわけで、新藤晴一の作詞のすごさを知るためにも映画「泥棒役者」を観てください。
 
 ※ここから先は映画の内容を含めて「応答セヨ」について、いつも通り100%の主観で語っているので、ご了承のうえお進みください。

 

 

 

 

 

まずは歌詞のリンクを貼っておきます。

応答セヨ 関ジャニ∞ 歌詞情報 - うたまっぷ 歌詞無料検索

  

新藤晴一作詞作品としての「応答セヨ」

 これについては別記事でめちゃくちゃ語っているので割愛する。
 

penguinkawaii.hatenablog.com


 
 全体的なイメージは勿論のこと、「屋根」「猫」、「三日月ライト」などのワードがポルノの楽曲の歌詞を想起させるものになっているということだけは改めて書いておきたい。「屋根」「猫」は「何度も」という曲、「三日月ライト」は「グラヴィティ」という曲にそれぞれ出てくる。ということだけ後で触れるので書いておきます。

何度も ポルノグラフィティ 歌詞情報 - うたまっぷ 歌詞無料検索

グラヴィティ ポルノグラフィティ 歌詞情報 - うたまっぷ 歌詞無料検索

 

 

関ジャニ∞の楽曲としての「応答セヨ」

 私はかつて関ジャニ∞をメインで追っていた時期がある。いろいろあって今は以前ほどに追うことはなくなったが、この「応答セヨ」の歌詞が丸山さんに、そして関ジャニ∞にとても似合う歌詞だということはわかる。彼らのもつ物語に、「応答セヨ」がなんとなく重なる。
 決して器用ではなく、むしろ全然不器用で、それでも前に進もうとしていろいろなことを頑張って、朝の番組の司会や主演映画を掴んだ丸山さん。「応答セヨ」の歌詞にうたわれる「つまづいてばかりの僕」は丸山さんのことなのではないかなと勝手に思ってしまう。勿論、そういった物語は誰にでもある。丸山さんが特別なわけではなくて、他のメンバーにも当てはまる。だから関ジャニ∞というグループとしても重なる部分がある。
 それでもこの曲が丸山さんを描いているように思えるのは、作詞した新藤さんとどこか重なるところがあるからだ。新藤さんは「自分は中途半端に常識人だ」という話をする。ロックバンドに憧れて生きるうえで「普通」に生まれ育ったことがコンプレックスだったという話も*1。新藤さんのそういう「普通」コンプレックスが、なんとなく丸山さんにもあるような気がしてしまうのだ。実際のところはどうなのか知らないけれど、天才的に何かの才能に優れているタイプではなく、だからこそ自分の居場所を得るためにさまざまな努力をして今ここにいる人であるように、私には見える。光り輝く「星」は「僕」の抱く憧れの象徴で、そこに追いつくために進んでいこうとする「僕」の姿が、なんとなく丸山さんに重なるのだ。
 丸山さんのすべてを知っているわけではないけれど、私が知っている丸山さんはテレビで面白いことをやろうとしてはスベったり、それを引きずりながらお酒を飲んだり、言いたいことがなかなか言えなかったり、たまに病み気味のOLみたいなブログ書いたり、それでも前に進むために努力している人だ。ちょっとめんどくさくて、だけどそこが愛おしい人。「応答セヨ」の歌詞は、丸山さんにぴったりだと思った。これだけぴったりの歌詞を新藤さんが書いたことが、さすがだなと思ったし嬉しかった。丸山さんのことが自然と頭に思い浮かぶような、丸山さんの物語ともいえるこの歌詞が、とても嬉しかった。

 以前「関ジャム」にポルノグラフィティが出演した後、新藤さんは自身のラジオ「カフェイン11」で丸山さん・安田さん・錦戸さん・大倉さんとセッションした「ハネウマライダー」について話していた。「ハネウマライダー」のCD音源のベースを弾いているのは亀田誠治さんで、そのフレーズを譜面を見ずとも弾けるように覚えてきていることに驚いたという話をしていた。その後、ポルノのライブツアーに丸山さんが来たこともあった。
 丸山さんの主演映画の主題歌の歌詞を、新藤さんが書く。それが「応答セヨ」であって、つまりこの「応答セヨ」は丸山さんのことを思い浮かべてしまうような楽曲に思えても仕方ないよね、なんて思う。

 

泥棒役者」主題歌としての「応答セヨ」

 先ほども述べたように、この曲は映画主題歌ではあるものの新藤さんが関ジャニ∞に提供した歌詞である、というところのほうが大きいのではないか、と思っていた。
 全然そんなことなかった。
 全然そんなことなくて、全然そんなことなさすぎて、びっくりしてエンドロールで涙が出てしまった。楽曲だけ聴いていたら丸山さんの物語が浮かび上がってくるのに、映画の主題歌として聴いたら全然違う物語が浮かび上がってくる。
 映画「泥棒役者」に出てくる人たちは、今の自分に満足しているわけではない。かつて大ヒットを飛ばしたもののそれ以降全く売れない落ち目の絵本作家・前園。仕事で(しかも自分では正しいと思うことをして)失敗してしまい後がない編集者・奥。一攫千金を夢見て会社を立ち上げたものの少しも上手くいかない訪問販売セールスマン・轟。夢を掲げて20年が経ち今更引くに引けなくなってしまった歌手志望のYoutuber・高梨。出所したものの前科者ゆえに仕事が見つからず元相棒を脅して再び泥棒に手を染める畠山。そして後ろ暗い過去を恋人に明かすことができない元泥棒・はじめ。
 彼らひとりひとりが背負った物語が、主題歌である「応答セヨ」と重なる。思い通りにいかない人生を、それでも一歩踏み出そうとする人のための歌詞が、あの日夢を見た「僕」と今もまだ夢の途中である「僕」が交差する歌詞が、彼らの人生を彩る。
 あの屋敷に関わった人たち全員にこの歌詞は当てはまると思うのだけれど、中でも絵本作家・前園に焦点を当ててみると更に別の物語が浮かび上がってくるのではないかと私は思う。
 映画の中で数日前とかではなくずっと昔の過去の姿が描かれるのは幼少期の回想シーンがあるはじめと、かつての自分がモデルとなっている「タマ」が登場する絵本『タマとミキ』が登場する前園のふたりだけである。「応答セヨ」の歌詞が過去の「僕」と現在の「僕」を描く歌詞だとして、明確に重なるのはこの二人だということも言えるだろう。なぜこの二人が明確に重なるのかといったら、それは彼らがそれぞれこの映画の物語の主人公だからだ。さらに言うと「君」と呼べる存在がいるのもこの映画で明確に描かれているのは美沙のいるはじめ、亡き妻のいる前園の二人だけだ。
 「泥棒役者」という映画は丸山さん演じる大貫はじめが主人公ではあるものの、この映画にはふたつの大きな物語がある。ひとつは「恋人に元泥棒であるという自分の過去を打ち明けられずにいるはじめが前園邸での出来事を通して恋人に真実を打ち明けることを決意する話」だ。そしてこの映画は「かつて『タマとミキ』という大ヒット絵本を書いた前園がその続編を出版する話」でもある。エンドロールの後日談*2にははじめは出てこないし、あってもなくてもはじめの物語としては成立している。けれど前園の物語を成立させるためにはなくてはならない部分だった。あの後日談があるということは、やはりこの映画は前園の物語でもあったのではないだろうか。
 そう考えて「応答セヨ」を聴いてみると、この歌詞が描くのは前園とその妻・美希子の物語なのではないかと思えてくる。
 絵本『タマとミキ』のモデルはタマ=前園、ミキ=妻の美希子だという。絵本『タマとミキ』は最初から順風満帆だったわけではなく、当初は別のタイトルでどこの出版社も拾ってくれなかったところ、美希子がタイトルを『タマとミキ』に変更してコンクールに出したら賞を取って出版されることとなった。しかし勝手にタイトルを変更したことで二人の仲はぎくしゃくしてしまう。そして二人の仲がもとに戻ることなく、美希子は事故で亡くなる。それゆえに、ミキのモデルであった美希子の気持ちがわからない前園は『タマとミキ』の続編が書けない。しかし残された彼女の手紙から気持ちを知ることができ、続編を書くことが過去と向き合うことであると気付き、続編を書く。ものすごくざっくりと映画の中で描かれる前園と美希子の話を整理すると、だいたいこんな感じになる(もっといい話だし面白い話だから映画観てくれ)。
 この話を踏まえて「応答セヨ」の歌詞を考える。「応答セヨ」の歌詞は「君」と「流星」が重なる部分もあるが、故人は星に喩えられることもあってどことなく前園の亡き妻を思わせる。そう考えると「君が思うほどはまっすぐに歩いてこれなかったけど いつかまた逢えたら」という歌詞の切実さが胸に迫る。また、「あの日の僕」という言葉には『タマとミキ』を書いていたころの前園、あるいはタマが重なる。続編が書けないでいる前園が呼びかける声。そしてきっと声が届いたから、続編を書くことができたのだろう。
 エンドロールでは2番は使われていない。しかし、「屋根の上」「猫」「三日月ライト」から連想される「何度も」と「グラヴィティ」の歌詞を見てみると、なんとなく前園と美希子の物語が重なるような気もしてくる。「何度も」と「応答セヨ」は過去を振り返るイメージが重なるけれど、「応答セヨ」と「グラヴィティ」は重なる部分はあまりない。楽曲全体としてのイメージも「グラヴィティ」はラブソングで、「応答セヨ」のもつ応援歌とは異なる。ではなぜこれらの単語を入れたのか、特に今までポルノで一曲しか使わなかった「三日月ライト」という単語がなぜ入っているのか。もしかしたら、「グラヴィティ」のもつラブソングの世界観が前園と美希子の物語と重なるからなのではないかと思った。本当のところは知らないけれど、そんなふうに想像することはできる。

 登場人物たちの物語が幾重にも重なる「応答セヨ」。映画「泥棒役者」の主題歌としてあまりに素晴らしい機能を果たしているのではないだろうか。映画を観ないとまったく意味がわからない歌詞というわけでもなく、映画の物語をなぞるような歌詞でもなく、映画の物語に奥行きをもたせる歌詞。この歌詞のすごさを味わうためにも、ぜひとも劇場でご覧ください。

 

 

 

 あの日の「僕」と現在の「僕」と「流星」と「君」。明確に誰(あるいは何)と定義されないこの言葉たちのおかげで、歌詞に何通りもの解釈が生まれる。状況を限定しないのに物語が浮かんでくる新藤さんの歌詞のいいところがこれほどまでに活かされている場面があるだろうかと思うくらいに「応答セヨ」は映画「泥棒役者」の主題歌として最高の仕事をしている。
 ていうか「流星」=星という言葉がもともと持つ意味にくわえ、そこにあの日の僕の願いとかあの日の僕とか君とかいろんなものを乗っけても成り立つ歌詞を書く新藤晴一、すごくない……?ていうか映画の登場人物たちが持つ物語を束ねてそれらがすべて重なるような歌詞を書く新藤晴一、すごくない……?ていうかあれだけ予告編とかで「まだ終わってないニャー!」って言ってたら「まだ終わらない」とかって歌詞に入れたくなるところをあえてそのまま入れずに歌詞全体で表現するところがめちゃくちゃ新藤晴一じゃない……?歌詞全体を使って「まだ終わってないニャー!」って言ってる感じ、やばくない……?
 こんなすごい歌詞を書く人のことを信じてついてきてよかったなと改めて思う。

 

 映画自体、複数の意味にとれる言葉で勘違いし合うような会話劇で思わず笑ってしまう場面が何度もあるくらい面白かった。心を揺さぶられる場面もあるし、背中を押してくれるような場面もある。とても優しい気持ちで家路につける、いい映画だ。
 映画「泥棒役者」は絶賛公開中です!

 

dorobou-yakusha.jp

 

 

*1:『ルールズ』刊行時インタビューなど

*2:ここの「応答セヨ」の使い方が最高だからぜひ劇場でご覧ください