木曜深夜へ愛をこめて ―「変ラボ」のススメ―

 9月29日(木)24:59~、変ラボ最終回です!!!!!!
 
 半年の間、NEWS担やそれ以外の方々をこれでもかと楽しませてくれた変ラボ。いろんなNEWSを見せてくれた変ラボ。僕たちの愛すべき変ラボ。そんな変ラボが明日、最終回を迎える。
 そんなもの信じてたまるかと思うけれど、ラテ欄に書かれた(終)の文字は消えてくれない。だったらせめて最終回だけでもみんな見てくれ!今まで見てなかった人も最終回だけでいいから見てくれ!という気持ちを込めてすっごく適当なコメントと共にこれまでの放送を振り返る!


 (過去にもこんな記事を書いていたくらい変ラボが大好きなんだぞというアピール) 

 


・小山さん

第0回*1「巨大はんぺんの上に人は乗れるのか!?」
 はんぺんに乗る小山さんはきっとはんぺんの妖精だった
第1回「食べられる服は作れるのか?」
 どんな服でも小山さんが着ると着こなせているように見えるから小山さんはすごい
第5回「スマホだけでスゴい映像は撮れるのか?」
 小山さん主演ムービーの続編求む
第9回「人間の熱で上昇気流は作れるのか?」
 気球がきちんと上がるまで上昇気流を作り続ける小山さんの謎のこだわり
第15回「汗と涙の結晶は作れるのか?」
 結晶が作れたしバスケの試合で感動も生まれたし生まれたままの姿にもなった回
第21回「人は野菜の浮力で水に浮けるのか!?」
 0円造船と小山さんのサービスショット


 小山さんの実験の良さはやはり「一般の方々(大人数)と何かを成し遂げる」というところにある。自らビラ配りをして人を集め、集まった人々と共に実験をする。たまに感動ドラマも生まれる。人当たりがよくて優しい小山さんだからこそできることだ。さすが社交性のおばけである。
 また、小山さんといえば「裸」も欠かせない。もはや「小山さんをいかに脱がすか」を軸に企画を立てたのではないかと思うほどの脱ぎっぷり。夕方にはスーツを着せ、深夜には脱がす日テレ。もはや変ラボは「変な実験をやるラボ」ではなく「変態な実験をやるラボ」だったのではないかという疑惑が拭えない。今後も小山さんの美しい肉体を拝むためにもやっぱり変ラボは続編を制作すべき。

 

・加藤さん

第0回「カラスは美味しいのか?」
 シゲの中の悪が目覚めた
第3回「牛乳より美味しい母乳の研究」
 ジャニーズ初の小説家に加え「母乳ハンター」なる肩書きがついたしイルカの母乳は激マズ
第7回「鶏の卵より美味しい卵はあるのか?」
 ジャニーズ初の小説家に加え「エッグハンター」なる肩書きがついたし深海サメの卵はなかなかグロい
第12回「運動音痴でも一位になれる新競技の開発」
 神は加藤さんに美貌と文才を与え、運動神経を奪った
第16回「誰でもモテる合コンメソッドの開発」
 合コンメソッドというよりも加藤さんの人柄でモテてた感
第20回「運動音痴でも1位になれる新競技の開発 第2弾」
 やっぱり一位になれないところが愛おしい


 加藤さんは己に挑むような実験をしていた。当初は加藤さんの胃VS未知の食材だったが、「未知の食材以上の弱点があるらしい(むしろ未知の食材はさほど弱点ではない)」とスタッフが掴んだのか、運動音痴や人見知りを前面に押し出した実験にも挑戦することとなった。結果として、どんな競技でも微妙に一位になれない愛おしさが発揮された。二位にはなれるときがたまにあるところが更に愛おしい。是非とも一位になるまで実験を続けてほしいしもっといろんなものを食べてみてほしいのでやっぱり変ラボは続編を制作すべき。

 

・増田さん

第0回「壁ドンを凌ぐ胸キュン行為とは!?」
 増田さんの胸キュン行為は見ているだけで心拍数上がりすぎて危険
第4回「いないいないばぁを超える赤ちゃんのあやし方の研究」
 まっすーお兄さん爆誕
第8回「目覚まし時計を超える究極の目覚まし法はあるのか!?」
 いろんな目覚まし方法を試していく増田さんがとても楽しそうで何より
第11回「小学生にウケる究極の学校遊びとは?」
 5年3組の増田貴久くん(当時29)
第14回「今の若者にウケる最強のサプライズとは?」
 後輩を集めフラッシュモブでプロポーズすると言う増田さん(絶対しないに一票)
第19回「夏に使える究極の胸キュン行為の開発」
 この回だけ録画できておらず見逃してしまったんだけど増田さんが恰好いいことだけは知ってる
第23回「女子高生の間でバズる SNSコンテンツの開発」
 高校生の増田貴久くん(30) ムービーが秀逸すぎる

 

 変ラボ第一回放送のミニコーナー「放課後研究室」にて、“キャラがない”というキャラを確立した増田さん。しかしその後いろんなコスプレ(まっすーお兄さん、小学生、高校生)を披露したり、世の女子たちをどきどきさせたり、4人での実験で泳ぎの速さを見せつけたりと、スーパーアイドルなことが十分に伝わった。
 ていうか増田さんの筋肉がたった1回しか披露されないなんていくらなんでももったいなさすぎるからやっぱり変ラボは続編を制作すべき。

 

・手越さん

第0回「真の“神経衰弱”とは何なのか?」
 手越さんとスタッフの果てなき戦いの幕開け
第2回「神経衰弱より神経が衰弱するゲームの研究」
 どうしたって衰弱しない手越さんの強メンタルにメンタルモンスターの異名がつく
第6回「人間はロボットに勝てるのか」
 とても雑な女装(かわいい)
第10回「人間は科学技術から逃げきれるのか?」
 頑張って逃げていたのに最後の最後で見つかり悔しそうな手越さんの愛おしさ
第13回「神経衰弱より神経が衰弱するゲームの開発 第三弾」
 ロックハート城にて行われた脱出ゲーム。とても雑な女装(とてもかわいい)
第17回「人間は第六感を鍛えられるのか?」
 手越さんを真のモンスターに育てることにしたスタッフ。結果、第六感も開花してしまった
第22回「人間は科学技術から逃げ切れるのか!?第2弾」
 さいごは てごしの かち
 
 当初はスタッフがとにかく「打倒手越」を掲げていたようだったが、手越さんには勝てないと悟ったスタッフは方向性を転換し「手越を真のモンスターに育てる」というリアル育成ゲームに手を出した。その結果、とんでもないモンスターへと進化を遂げてしまった。
 そんな手越さんのモンスター性が遺憾なく発揮されたのが「ITかくれんぼ(サバゲー)」だ。崖をまっすぐ下るという恐怖心のなさ(メンタル)、鬼に見つかっても走って逃げきる身体能力(フィジカル)、そして隠されたカードをすぐに見つける第六感の鋭さ。どこをとってもまさしくモンスターといえよう。顔の可愛さと歌のうまさと絵の独特さに加え、これほどの武器が揃ってしまった以上、もはや手越さんを倒せるものは誰もいない。否、手越さんを倒せるものを見つけるためにもやっぱり変ラボ続編を制作すべき。


・4人での実験

SP放送「変ラボ 24時間耐久恐怖実験スペシャル」
 24時間テレビよりも過酷な実験の数々。NEWSの悲鳴で歓喜の歌を作るという素晴らしいオチ付き!
第18回「24時間耐久恐怖実験・未公開SP」
 寝起きドッキリみたいなやつはどうしたんだ
第24回「本当の自由形世界新記録を超えられるのか!?」
 増田さんの筋肉、小山さんの飛び込み、ナレベの加藤さん、人類で唯一19秒台で50mを泳いだ手越さん

 

 SP放送ではNEWS担の意見を反映させたのかNEWSを恐怖に陥れる実験の数々が行われた。ゾンビと手を繋ぐ増田さんと加藤さんの可愛さや催眠術でウェイウェイする手越さんと小山さんが見られた素晴らしい回。IT技術とのかくれんぼで頭脳戦で逃げ切る小山さんも必見。あと本当に寝起きドッキリみたいなやつどうしたの……見せて……
 世界新記録を目指す実験では増田さんの筋肉が恰好良すぎたし、小山さんのピヨピヨした飛び込みは可愛いし、加藤さんは神様に運動神経を奪われたままだし、手越さんが世界新記録を出せたのは3人が力を合わせたから、という4人での実験の真骨頂が見られた。旗を持って走る4人があまりにも世界平和だった。無形世界遺産に今すぐ登録してほしい。でももっと4人での実験が見たいからやっぱり変ラボは続編を制作すべき。

 
・結論

 小山さんの社交性と美しい肉体を今後も拝むためにも、加藤さんが運動音痴でも一位が取れることを証明するためにも、増田さんの更なるキャラクターを追求したり筋肉を披露したりするためにも、手越さんを倒したり育てたりするためにも、変ラボはリニューアルしてパワーアップして帰ってきて!でもとりあえず変ラボ最終回を見て!!!


 9月29日(木)24:59~、変ラボ最終回です!!!!!!

*1:※4人での単発番組時の「変ラボ」を便宜的に「第0回」とします