読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来世はペンギンになりたい

今生はジャニオタとして生きる

木曜深夜の不思議実験 ―「変ラボ」アンケート結果―

NEWS ジャニーズ

 先日実施致しました、「変ラボ」についてのアンケートの集計結果です。
 751人もの方々にご回答をいただきました。私の予想を遥かに上回る多くの方々に参加していただけて、驚きと嬉しさを感じています。これも、皆様の「変ラボ」を愛する気持ちの表れではないかと思います。ご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。
 一人一回までとは注意書きをしたものの、実質は複数投票が可能な仕様になっていたため、正確性に欠く部分はあるかと思いますが、個人の実施したアンケートということでご容赦いただければと思います。


・実施概要

アンケート制作者:綴(Twitter @penguincawaii)
集計期間:2016/08/04~2016/08/10

選択肢に関しては関東での放送でで7/28放送分までを対象としています。

※このアンケートは番組・テレビ局・番組制作会社とは一切関係ありません。個人の企画したアンケートです。

 

 

 

Q1.あなたは担当は誰ですか?
  複数いる場合は今最も応援している人を選択してください

 アンケートに回答してくださった方の傾向を探るための設問。必須回答で、751件の回答があった。

f:id:penguinkawaii:20160822225317p:plain

f:id:penguinkawaii:20160822225103p:plain

 グラフだけでは若干わかりづらいので同様の内容を表にしてある。グラフは視覚的に理解するための参考程度に見ていただければ。
 アンケート実施告知は私のTwitterとこのブログにて行った。無作為にアンケートを取ったわけではないので多かれ少なかれ偏りは生まれてしまうものだとは思うが、担当によってアンケート結果に影響が出る(自担の企画に投票することが多いと予想していた)ことと、担当ごとに自担の企画ではどれが好きなのかを知りたかったためにこの質問を設けた。実質的に誰担が多いのかという調査とは意図が異なることをご理解いただきたい。
 注目すべきは、「NEWS以外のジャニーズ」「ジャニオタではない」が合計74人(約10%)いるということ。TwitterもブログもほぼNEWSの話ばかりしているため、他グループの担当がどれほどこのアンケートの存在を知っているかはわからないが、それでも約10%の人から回答があったということは、NEWS担以外にも「変ラボ」を見ている層は一定数いるといえそうだ。今後はこのパーセンテージがもっと増えていけば、NEWS担以外にもNEWSの良さが伝わるし、人気番組と呼べる番組になるのではないかと思う。


 
Q2.レギュラー放送で最も好きな回は?

 レギュラー放送16回の中から好きな回をひとつだけ選択する質問。必須回答で、751件の回答があった。

f:id:penguinkawaii:20160822224051p:plain

f:id:penguinkawaii:20160822225328p:plain

 

 グラフには全体の結果をまとめ(視覚的な参考に)、より詳細な結果を表にまとめた。
 一番多かったのは手越さんの「人間は科学技術から逃げきれるのか?(6/16放送)」。二番は加藤さんの「運動音痴でも一位になれる新競技の開発(6/30放送)」、三番目は手越さんの「神経衰弱より神経が衰弱するゲームの開発 第三弾(7/7放送)」となった。アンケートにご回答いただいた方々に手越担・加藤担が多いということもあって多少の偏りはあるかもしれないが、表にまとめた詳細な結果を見ると手越担・加藤担以外からも多くの票数を集めていることがわかる。
 「人間は科学技術から逃げきれるのか?(6/16放送)」は8/1の全国放送SPでもやっていた企画。放送時の反響が大きく、全国放送SPにも取り入れられたのかもしれない。
 また、Q1で「NEWS以外のジャニーズ」「ジャニオタではない」と答えたNEWS担以外の方のみの結果を見ると、割と全体にばらけており、その中でも最も多かったのが「手越:神経衰弱より神経が衰弱するゲームの開発 第三弾(7/7放送)」で、全体の結果とは異なっていた。

 

 

Q3.最も好きな「放課後研究室」は?

 バカリズムさんを司会としてNEWS4人がひとつのことに取り組むミニコーナー「放課後研究室」。これに関しても、どの企画を好きな人が多いのか調べてみた。必須回答で、751件の回答があった。また、任意で理由を記入する欄を設け、202件の回答があった。

f:id:penguinkawaii:20160822224214p:plain

f:id:penguinkawaii:20160822235655p:plain

 

 「VR体験(5/26、6/2放送)」が半数以上を占める結果となった。理由としては、「小山さん・手越さんの怖がり方が面白かった・可愛かった」「加藤さん・増田さんが怖がる二人を驚かすのが面白かった」というものが多かった。Q1で「NEWS以外のジャニーズ」と答えた方のみの結果を見ても「VR体験(5/26、6/2放送)」が最も多かった。担当を問わず、ジャニオタの好む企画のようだ。

 次に多かったのは「催眠術(6/23、6/30放送)」。これも理由は「小山さん・手越さんが面白かった、可愛かった」「催眠術にかからない増田さんと加藤さんが面白かった」というものが多かった。8/1に放送された全国放送SPでもVRと催眠術が使われていたので、放送時の反響も大きかった企画なのかもしれない。
 三番目に多かったのは「NEWSのイメージ調査(4/7放送)」。これに関しては「NEWSの現在の知名度を知れた」「NEWSの強みと弱みを知れた」という意見があった。
 四番目の「料理と実験~液体窒素・モラキュラー料理~(6/9、6/16放送)」については、「4人でひとつの実験をしているところがよかった」「誰かに偏ることなくリアクションが見られたところ」という意見があがっている。
 
 
 

以下は任意回答。

 

Q4.小山さんの実験で一番好きな回は?(4つから1つを選択)/その理由は?(記述)

 任意回答で712件の回答、理由(記述)は202件の回答があった。

f:id:penguinkawaii:20160822224321p:plain

f:id:penguinkawaii:20160822225424p:plain

 一番多かったのは「スマホだけでスゴい映像は撮れるのか?(5/12放送)」。理由としては「実際に使えそう」「一般の方を集めてきたのがすごかった」というものが多かった。また、「小山さんの演技が見られて良かった」という回答も多くあり、「news every.」があるためにドラマへの出演が難しい小山さんの演技が見られたことへの喜びも好きな回に選んだ理由としてあげられていた。二番目に多かったのは「汗と涙の結晶は作れるのか?(7/21放送)」。「バスケをする姿がかっこよかった」「脱ぎっぷりがよかった」などの意見があげられていた。

 また、小山さんの回は全体を通して「裸」「一般の方との絡み」が好きな理由としてあげられることが多かった。この二つは小山さんの回の特徴といってもいいだろう。

 小山さんの回はその潔い脱ぎ具合が注目されがちだが、実のところすごいのは「一般の方々を自力で集める企画」をやったことがあるのは小山さんだけだということではないだろうか。また、自力で集めずとも一般の方々と行う実験が最も多い。「news every.」のロケで一般の方々との絡みが多い小山さんだからこそ、小山さんが一般の方々と一緒に何かを成し遂げることが面白さに繋がるという信頼があるからこその企画だし、実際に面白いという意見も多い。小山さんの「社交性のおばけ」力が活かされる企画である。
 


Q5.加藤さんの実験で一番好きな回は?(4つから1つを選択)/その理由は?(記述)

 任意回答で726件の回答、理由(記述)は203件の回答があった。

f:id:penguinkawaii:20160822230129p:plain

f:id:penguinkawaii:20160822230145p:plain

 一番多かったのは「運動音痴でも一位になれる新競技の開発(6/30放送)」。理由としては「運動音痴の加藤さんが奮闘するところが可愛かった」「バカバカしい企画に真面目に取り組むところがよかった」などが多かった。
 二番目に多い「誰でもモテる合コンメソッドの開発(7/28放送)」は「今までにない加藤さんの一面が見られた」「応援しているような気持ちになった」という理由で一番好きな回にあげられていた。ただ、女性と絡む実験ということで賛否が分かれている回でもあった。

 加藤さんの実験は当初は単発番組時代から続く「未知の味探求シリーズ」が主だったが、現在は様々な企画に挑戦している。「未知の味探求シリーズ」ではなんでもためらいなく食べられる好奇心(と持ち前の胃の強さ)、「運動音痴でも一位になれる新競技の開発」ではNEWSイチの運動センスのなさ、「誰でもモテる合コンメソッドの開発」では人見知りなど、どの企画も加藤さんの特徴にフィーチャーした企画になっている。
 
 

Q6.増田さんの実験で一番好きな回は?(4つから1つを選択)/その理由は?(記述)

 任意回答で718件の回答、理由(記述)は207件の回答があった。

f:id:penguinkawaii:20160822230213p:plain

f:id:penguinkawaii:20160822230225p:plain

 一番多かったのは「いないいないばぁを超える赤ちゃんのあやし方の研究(5/5放送)」。「まっすーお兄さんが良かった」「まっすーのうたが良かった」という意見が多かった。まっすーお兄さんというキャラクターが誕生しただけあって、インパクトが強かった。また、お子さんがいらっしゃる方からは「実際に使えた」という意見も見られた。
 二番目の「小学生にウケる究極の学校遊びとは?(6/23放送)」でも、「小学生との絡みが面白かった」という意見が多かった。小学生を相手にムキになる増田さんが見られたことに喜んだ人が多かったようだ。
 三番目の「目覚まし時計を超える究極の目覚まし法はあるのか!?(6/2放送)」では「ピタゴラ装置が面白かった」という声が上がっている。もしかしたらこれが全国放送SPの燃えるピタゴラ装置に繋がったのかもしれない。

 増田さんの回は仮説(専門家との会議によって仮説を立てる)→実践(増田さんが仮説を検証する)というスタイルが多く、最も「実験」らしい実験を行っている。そのためか「もっと体を張ってほしい」という声もあった。確かに他の三人は闘ったり脱いだり食べたりと体を張っている部分が目立つ。しかし、増田さんの実験は理論をもとに仮説を立てて実践する「実験」然としたところが良いという意見も見受けられた。
 また、小山さんに次いで一般の方々とのやり取りが多いのが増田さんで、増田さんの人当たりの良さが活かされている。
 増田さんも小山さんも一般の方々と行う実験が多いが、増田さんは対一人~少人数の実験を多数やっているのに対し、小山さんは大勢でワっと盛り上がる実験をやるという傾向がある。


Q7.手越さんの実験で一番好きな回は?(4つから1つを選択)/その理由は?(記述)

 任意回答で733件の回答、理由(記述)は203件の回答があった。

f:id:penguinkawaii:20160822230311p:plain

f:id:penguinkawaii:20160822230324p:plain

 

 一番多かったのは「人間は科学技術から逃げきれるのか?(6/16放送)」。これはレギュラー回全てを対象とした質問でも一番多かった企画である。「負けず嫌いな手越さんがかっこよかった」という意見が多数だった。「見ていてハラハラドキドキできる企画だった」ということも人気の理由として多くあげられている。
 二番目は「神経衰弱より神経が衰弱するゲームの開発 第三弾(7/7放送)」。この回は「女装でテンションが上がる手越さん」「メンバーからのてご褒めカルタ」が好きな理由として多くあげられていた。

 手越さんの回はひたすら「手越VSスタッフ」。実験という名目でスタッフが全力で手越さんに闘いを挑む企画が多い。手越さんの他の出演番組とスタッフが被っているということもあって、手越さんの活かし方をよくわかっているのだろう。
 どの企画も、手越さんをやっつけようとしながら手越さんの良さが溢れ出ている。手越さん自身が被験体となって行う実験が多いため、バラエティ慣れしているうえに負けず嫌いでどんな勝負にも真剣に取り組むの手越さんの良さ、ここぞというときの引きの強さが発揮されている。
 


Q8.今後やってほしい実験は?

 任意回答かつ記述式で、203件の回答があった。
 
 「4人で一緒に実験」「4人で競い合う実験」「4人で同じテーマについて別のアプローチで実験」など、「4人」に関する意見が圧倒的に多かった。やはり、先日の全国放送のときのような4人での実験が人気のようだ。4人とまでいかなくとも「ペアでの実験が見たい」という声も多かった。スケジュール調整が難しいのかもしれないが、4人での実験が実現できれば人気の回になりうる可能性は大いにある。
 「お化け屋敷」も多かった。全国放送SPやVR体験が面白かったためか、もっと見たいという声があがっている。また、「女装」という文字も散見された。「お化け屋敷」「女装」はNEWS担に限らずジャニオタのあいだでも人気の高い企画なので、実現すれば他のジャニーズ担当の方々が目にする機会となる可能性もある。
 「定番実験をシャッフルで」という意見もいくつかあった。未知の味探求シリーズや脱ぐ企画、神経衰弱、胸キュン仕草など、それぞれのもつ定番企画をシャッフルするのも面白いかもしれない。

 
 
 
・まとめ

 先日放送された全国放送SPは人気企画を集めた「変ラボ」のいいところをぎゅっと凝縮した一時間だったことがわかった。次回(8/26)放送の加藤さんの回も、加藤さん回の中で最も好きだという声が多かった「運動音痴でも一位になれる新競技の開発」の第二弾である。
 今回のアンケート結果を見るに、NEWSファン及び視聴者の声が番組に反映されていると考えられる。Twitterハッシュタグやご意見・ご感想メールフォーム、ハガキなどで声を届けることは意味のあることだということがいえる結果となった。
 四者四様の実験形態の良さも再確認できて、今後の放送が更に楽しみだ。
 
 また、どんな実験にもポジティブな意見とネガティブな意見の両方があり、誰もが楽しめる番組作りの難しさを実感させられた。番組とは全く関係のない私でさえ難しさを感じているのだから、実際に番組を作っているスタッフの皆様の苦労は計り知れない。改めて、番組スタッフに敬意と感謝を表したいと思います。素晴らしい番組をありがとうございます。
 
 事務所・テレビ局・番組制作会社とは一切関係ない個人の実施したアンケートに多数のご協力をいただけたことを今一度感謝致します。
 
 小山さんがweb連載で言っていた「半年」がもうすぐ終わる。どうかこれから先も、この素敵な番組「変ラボ」がもっと続きますように。沢山の人から愛される番組になりますように。放送地域も拡大しますように!