来世はペンギンになりたい

好きなものを好きと言うために生きてる

NEWSに歌ってほしいポルノグラフィティ楽曲

 もしかしてジャニーズポルノグラフィティ楽曲の組み合わせを考えている人、結構いるんじゃない!?
 

say8888888.hatenablog.com

yuki922.hatenablog.com

freewing.hatenablog.jp

s73.hatenablog.com

bookmarker35.hatenablog.com


 他にもあったら是非教えてください。
 どの記事も、「わかる!」「それな!」と思いながら読ませていただきました。頷きすぎて首取れるかと思った。どれにもだいたい「カルマの坂」がエントリーしていて、わかる……横山さんも有岡くんも上田さんもわかる……わかるしか言えない……もはや各グループから「カルマの坂」が似合う人を集めた「カルマの坂」選抜みたいなユニットを組みたい……同様に「オレ、天使」選抜も組みたい……
 他のグループについての記事ももっとたくさん読んでみたいが、とりあえず自分が以前書こうとしてやめたエントリがあるのでその続きを完成させようと思う。NEWS×ポルノグラフィティ楽曲。
 1曲ずつだと少ないので1人3曲選びました。シングル曲およびベストアルバム曲を中心に選曲。最後の1曲はオリジナルアルバムやカップリングから選曲。THE独断と偏見。
 Youtubeの公式チャンネルに動画があるものは貼っておきます。PV(short version)ですが是非ご覧ください。ないやつは歌詞リンク貼っておきます。

 

小山さん

1. ワン・ウーマン・ショー~甘い幻~

(シングル曲、アルバム『RHINOCEROS』収録)


ポルノグラフィティ 『ワン・ウーマン・ショー 〜甘い幻〜 ビデオクリップ(short ver.)』

 小山さんソロの系統を考えての選曲。安定の失恋
 「こんな私でも幸せになれるかな?」という歌詞をどうしても小山さんに歌ってほしい。眉を寄せると困ったように下がる眉、あの表情で歌ってほしい。メインステージにスタンドマイク踊らずバックもつけず一人でしっとり聴かせてほしい。
 報われない恋だけれど彼のことを考えるだけで笑顔になってしまうような恋をしていた主人公の女性。しかし、報われないことはわかっていたから、「笑っちゃうほど恋をしてたの」と終わった恋を振り返る。大人だからこそ歌える楽曲。NEWS最年長に似合わないわけがない。
 曲の最後は「甘い幻」という囁きで終わるのだが、これを小山さんがやったら私コンサート会場から生きて帰れない。骨は拾わなくていいからその場に埋めて。
 小山さんソロは男性目線の失恋ソングが多いけれど、女性目線も歌ったらきっと似合うと思う。いつかこういうソロ曲を歌ってくれることを願ってやまない。


2. 狼

狼 - ポルノグラフィティ - 歌詞 : 歌ネット

(『PORNO GRAFFITTI BEST RED'S』収録、シングル「アゲハ蝶」c/w)


 ロメオみたいな衣装で麗しい体を見せつけながら歌って踊ってほしい。「まほろば○△」と迷ったけれどラテン感のある「狼」にした。小山さんとラテンの相性、絶対良い。あのセクシーな腰の動きが特徴的なダンスがラテン系の楽曲と合う。
 ロメオみたいな衣装といった時点でわかると思うが、セクシー系の歌詞である。「南風の愛撫に身悶えながら」とかね。「たわわな胸をめぐる狩りの途中」とかね。直接的な表現はなくとも全体的にセクシー。小山さんのアブナイ魅力が爆発するはず。小山さんに「君がいけないよ」とか歌われたら困る。困らないけど困る。会場から悲鳴が上がるのが聞こえる。


3. 蝙蝠

蝙蝠 - ポルノグラフィティ - 歌詞 : 歌ネット

(シングル「」c/w)

 ダーク小山さん。なかなかこんなに闇要素が強い楽曲は歌ってくれそうにないので、是非とも一度見てみたい。踊りながら歌ってほしい。歌詞にはさほどセクシー要素はないが、曲自体がセクシーなのでセクシーに踊ってくれそう。
 「ロメオ2015」のMVを見ていて思ったのだが、小山さんはダークな色合いが似合う。実際の映像よりもMVのカメラで撮影された映像のほうが色がくすんでいて、そのダークさが小山さんをより引き立てていた。もっとこの暗い色彩の小山さんが見てみたい。
 あまり感情の起伏をつけずに歌い踊る小山さんって見たことがないので、そういうのもたまにはいいのではないかと思う。キャスターとしてニュースを読む姿とのギャップが凄い。
 「完全な白の脆さを知って 完全な黒の深さ知って」というフレーズを妖艶に歌う小山さんが見たい……。

 他には「約束の朝」「ジョバイロ」「ひとひら」なども候補に挙がった。

 

増田さん

1. 黄昏ロマンス


ポルノグラフィティ 『黄昏ロマンス(short ver.)』

(『ALL TIME SINGLES』、『PORNO GRAFFITTI BEST JOKER』収録)

 優しくてあたたかい曲。ゆったりとした曲調で、増田さんの広がりのある声にぴったり。
 この曲のPVと同様にバンドやトランペットを従えて、中心に増田さんがいて歌う、という図が見たい。
 「ねぇ気付いてる?」という歌詞が絶対に増田さんに似合う。「ねぇ」という呼びかけと「気付いてる?」という問いかけの優しさと可愛らしさ。
 この曲を聴いていると、ちょっと要領が悪いけれど優しい男の子といった主人公像が思い浮かぶ。なんとなく増田さんと重なる。「優しいウソも繕えず言葉になる」という歌詞を増田さんが歌ったら、可愛くてほっこりする。


2. パレット

パレット - ポルノグラフィティ - 歌詞 : 歌ネット

(『PORNO GRAFFITTI BEST BLUE'S』収録)

 イントロを聴いただけでなんだか気分が明るくなる可愛らしい曲調。これが増田さんに似合わないわけがない。楽しそうな笑顔で歌っている増田さんの姿は想像に難くない。
 少しふわふわしているというか、現実味のある単語をあまり使わず「」「」「」「」というようなファンタジックな世界観を表現する歌詞が増田さんに似合う。ファンタジックだし自然物が多いのが増田さんの持っているアイドル性とマッチしている気がする。
 ラストの歌詞の「もうメロディに身をまかせてしまえ 足りない言葉を探すのは止めて」という部分が増田さんっぽい。言葉よりもメロディのほうが増田さんを表現しているときってあると思う。そういうイメージでの選曲。 


3. 何度も

何度も - ポルノグラフィティ - 歌詞 : 歌ネット

(アルバム『THUMPx』収録)

 アコースティックギターの、しっとりと落ち着いた曲。なんだか懐かしくなるような、家に帰りたくなるような、ノスタルジックな雰囲気がある。ステージの上、ギター担当の方と増田さんの二人だけを中心に配置して、椅子に座って歌ってほしい。
 どれだけ繰り返し聴いてもまだ意味が掴みきれないほど深い歌詞。増田さんならどう歌うのかが聴いてみたい。増田さんの柔らかくて広い歌声で聴いたらこの曲の違った面が見えてきそうな気がする。
 歌詞の響きが可愛らしい。「じゅう数えるのはだぁれ?」という歌詞なんて特に可愛い。増田さんの歌声で是非とも聴いてみたい。

 他には「愛が呼ぶほうへ」「天気職人」などの可愛い曲も歌ってほしい。「うたかた」も聴いてみたい。なるべく曲の雰囲気をバラけさせようと思っているのに、増田さんの選曲はファンタジック&ノスタルジーみたいな感じになってしまった。

 

手越さん

1. ラック


ポルノグラフィティ 『ラック(short ver.)』

(『ALL TIME SINGLES』、『PORNO GRAFFITTI BEST RED’S』収録)
 ギターの音が重いロック。黒い衣装(WHITEコンの「BYAKUYA」的な感じ)でバンドを従えて歌ってほしい。
 「ラック」とは「LACK=欠落」の意。歌詞にも「欠落感」という言葉が何度も出てくる。韻を踏みながら重たくてダークな響きの言葉を重ねてくる歌詞に、手越さんの「Wonder」「Liar」「SHOCK ME」のような歌い方がマッチして、普段はなかなか聴くことのできない楽曲になるだろう。
 曲調もそうだが、NEWSの曲ではあまり見かけない語彙で書かれた歌詞を手越さんが歌うのが聴きたい。「弱さを憎め」だとか「僕におしつけられた世界のひどさには」だとか、そもそも「欠落感」「閉塞感」も見られない。普段は秘めている、世界に対する「怒り」みたいなものを爆発させて歌ってほしい。その危うさに惹かれたい。

 

2. カルマの坂

カルマの坂 - ポルノグラフィティ - 歌詞 : 歌ネット

(『PORNO GRAFFITTI BEST BLUE'S』収録、アルバム『WORLDILLIA』収録)
 各グループに「カルマの坂」選抜がいることと思うが、我が軍からは手越さんを送りだしたい。
 「ある時代ある場所、乱れた世の片隅」という歌い出しから始まる物語調の曲。手越さんの金髪はこの「ある時代ある場所」によく似合うし、まるでよくできたCGやゲームのオープニングムービーのように美しい手越さん(「あなた」MV等を参照)ならこの世界観にぴったりだ。手越さんの危うさや切なさがこの曲の少年によく似合っている。
 生きるためにパンを盗む少年の姿を手越さんに重ねて聴くと、ありありとその姿を想像できる(妄想力には個人差があります)。夕暮れを待って剣を盗む姿も、違和感なく頭の中に思い浮かぶ。
 今さっき金髪がどうのこうのと言ったばかりだが、手越さんにこの曲が似合うと思ったのは三億円事件」のドラマを見たときだ。手越さんが演じていた、最初は強気だったのに抗いようのない力に翻弄されてしまう少年の姿が、この「カルマの坂」の少年と重なった。


3. 光のストーリー

光のストーリー - ポルノグラフィティ - 歌詞 : 歌ネット

(アルバム『PANORAMA PORNO』収録)

 手越さんの好きそうなストレートな歌詞。ゆったりとした曲調のラブソング。やっぱり手越さんには「君と僕」の歌を歌ってもらいたい!
 ずっと離れ離れになっていたカップルの久々の再会を歌っている。男性が女性を迎えに空港に来て、彼女を愛しているということをまっすぐな言葉で綴った歌。この歌を主題歌にして手越さん主演で映画撮れる。撮ってください。
 「離れていてもずっと心に君がいた」というように、「君と僕」の世界を歌詞にしている。コンサート中、いつだってファン=君のことを想っている手越さんにはぴったりの曲だ。是非ともコンサートの最後で歌ってほしい。
 この曲は音が高いし勢いだけで乗り切れる曲でもないので難しい。手越さんならどう歌いこなすのかも聴いてみたい。
 ラストの「ずっと守ってあげる」というフレーズが手越さんにとても似合っている。ステージ上できらきらしたライトを浴びながら会場にいるたくさんの「君」に向けて愛おしそうに微笑んで歌うところまで容易に想像できるのでどうか歌ってください。


 他には「ネオメロドラマティック」「ミュージック・アワー」なども歌ってほしい。割と重たい楽曲から選んでしまったが、「Sheep ~song of teenage love soldier~」のような可愛らしい楽曲も似合う。「Ouch!!」も祐子感あっていいと思う。「ラック」は曲の雰囲気、「カルマの坂」は曲のイメージで選んだが、歌詞で選ぶなら手越さんには岡野さんの歌詞が似合う気がする。
 ちなみに過去に書いた記事(是非ともNEWSに歌って欲しい曲たち - 来世はペンギンになりたい)では手越さんに「惑星キミ」を歌ってほしいと書いていた。この曲も「君と僕」でとても似合う。

 

加藤さん

1. オレ、天使

オレ、天使 - ポルノグラフィティ - 歌詞 : 歌ネット

(『PORNO GRAFFITTI BEST BLUE'S』収録、アルバム『foo?』収録)

 NEWSのオレ、天使」選抜は加藤さん。
 オレ、天使。そうエンジェル。」から始まるけだるげな台詞を聞きたくて仕方ない。でも増田さんとどちらがいいかちょっと迷った。
 地球を担当することになった皮肉屋な天使があれこれ言っている歌なのだが、この皮肉たっぷりな歌詞も加藤さんに似合っている。「音楽なんてそんなもんか」と歌うところもいいし「愛という名の偶像崇拝主義を叩き潰す」なんて歌っちゃう加藤さん最高!白い羽根を背負って天使を演じながら歌ってほしい。加藤さんの考える演出ではどんな天使になるのか見てみたい。
 ここ数年の楽曲には「願いは叶う」という内容が多いNEWS。しかしこの曲の歌詞には「願いは叶うと誰が決めた? 笑わせんな!」というフレーズもある。NEWSの中でこれを歌うなら加藤さんかな、と思ったのが決め手。

 

2. ライン

(『PORNO GRAFFITTI BEST ACE』収録、アルバム『m-CABI』収録)

 これも物語が展開するような歌詞。恋をする相手に気持ちを伝えられず「気の合う友達」でいようと思っている男の子の歌。「好きになりたくなかった」という歌詞が切実に響く。大人の恋愛ではなくてどこか「少年」のような雰囲気が伝わってくる。はいもう加藤さん。このブログで少年といえば加藤さん(でも「カルマの坂」の少年とはちょっと違うんだ……あれは手越さんなんだ……)。
 この曲は普段の加藤さんのソロ曲のような演出ではなくて、スタンドマイクで歌うような感じがいい。周りにストリングスやバンドを配置して生演奏の生歌で聴きたい。私はこの曲のギターソロを「すべてを知るような音」だと思っていて、少年の気持ちも彼が思う人の気持ちも全て知って美しく響くギターソロで加藤さんがどんな表情をするのか見てみたい。
 加藤さんの声のもつ少年性と切なさはきっとこの曲に似合う。似合わないわけない。加藤さんの歌う「好きになりたくなかった」というフレーズをコンサートで聴いて号泣したい。


3. デッサン#3

デッサン#3 - ポルノグラフィティ - 歌詞 : 歌ネット

(アルバム『WORLDILLIA』収録)
 女性目線の曲。「バタフライ」の歌い出しの柔らかい歌声で歌ってほしい。
 加藤さんの柔らかな声はどこか切なさも含んでいて、失恋した女性を主人公とした「デッサン#3」に似合っている。
 「君の困った顔など 見たくはないから さよならしてあげる」という歌い出し。「君」という二人称から考えてこの女性は「君」より年上なのだろうかとかいろいろ頭を巡らせる。歌詞を読みこんで物語を見出してあーだこーだ言えるところも加藤さんに似合う。
 毎回何かを「演じる」といった色が強い加藤さんのソロ曲、そろそろ「カカオ」ぶりに女性を演じてみてはいかがですかね?という意味も込めての選曲。
 
 物語性のある曲、ソロ演出が見てみたい曲、考察記事が書かれそうな曲という観点で選んだ。
 あと加藤さんに関しては個別に記事があったりする。

penguinkawaii.hatenablog.com


 
 選びすぎた感は若干否めないが、ポルノグラフィティの楽曲って結構な数あるので(歌ネットに登録されている歌詞一覧で213曲あった)、どうにも絞り切れないのは許してほしい。
 この遊び楽しいな!頭の中で勝手にコラボさせているだけではあるけれど、どんな演出で歌うとかどんな振付だとか考えるときりがなくて楽しい。勝手に頭の中でコンサートを作ってる感じ。眠いときに考えていると目が覚めてきそう。
 


 
 選んでも選びきれない多彩な楽曲を作り続けるポルノグラフィティの新曲「THE DAY」は5月25日発売です!iTunes他配信サイトで先行フル配信も行っております!ものすごく恰好いい曲なので是非!


ポルノグラフィティ 『THE DAY』(Short Ver.)