読書

一筋縄ではいかないファンタジー「八咫烏シリーズ」が面白い

八咫烏シリーズ、とても面白かったので紹介する記事を書きたいな~と思ったんですが面白いところを書こうとするとどうしたってネタバレになってしまいます。何も知らない状態で読みたい人は今すぐ本を開き、どこが面白いのかお前の意見を聞かせろという人は…

あなたとわたしと宇宙とヒトと ―『天冥の標』感想―

『天冥の標』をまだ読んでいない人は幸せだ。これからこの物語を読めるのだから。 壮大で、壮大で壮大で、あまりにも壮大。そんなSFが好きだ。私の想像力では到底行けない場所へ連れて行ってくれる。2019年、私を最も遠くまで連れてきてくれたのは間違いなく…

あなたはどこに?私はどこにも。 ―『行きたくない』感想―

読みました。めちゃくちゃ面白かった~!以下、感想です。内容に触れていますので、ネタバレは嫌という方はご遠慮ください。 行きたくない (角川文庫) 作者: 加藤シゲアキ,阿川せんり,渡辺優,小嶋陽太郎,奥田亜希子,住野よる 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売…

『行きたくない』のための準備体操 執筆作家の本を読む

加藤さんの最新短編が収録された書下ろしアンソロジー『行きたくない』が6月14日に発売になります。そのための準備体操として、執筆陣の本を読みました。各作家ごとに2~3作品ずつになります。 阿川せんり 『厭世マニュアル』 ですますの喋り口調の文章に一…

私の好きな伊坂幸太郎作品

好きな作家はまぁまぁ沢山いるが、その中でも特別な作家のひとりが伊坂幸太郎さんだ。4月に念願の仙台初上陸を果たしたということもあって、伊坂さんの好きな作品もまとめたいなと思いました。 『重力ピエロ』――家族って何で繋がってるの? 『アヒルと鴨のコ…

WORLDISTAブックガイド

始まりますねWORLDISTAツアー! WORLDISTAとは直接関係ないですが、VRや仮想世界を扱った作品を100%の主観で集めました。遠征のおともなどにどうぞ。例によって私が国内作家ばっかり読むので国内作家中心のラインナップです。 『断片のアリス』伽古屋圭市 …

私の好きな辻村深月作品

「好きな作家は?」と訊かれたら、この人を答えようと思っている作家さんが数人いる。その中のひとりが、辻村深月さんだ。我が家の決して大きくはない(むしろ小さすぎるので困っている)本棚に、何冊も辻村さんの本が並んでいる。 メフィスト賞受賞作品ばかり…

ペンギンブックガイド ―「少し・不思議」な生き物としてのペンギン―

こう見えて(?)一度も図書委員になったことがない。でも図書委員が作っている図書だよりを私も作ってみたかったから勝手に作る気持ちでこの記事を書いています。 お題は「ペンギン」。 ペンギンはしばしば小説のモチーフとして登場する。犬や猫ほどの頻度で…

自担が平成最後の金田一耕助なので金田一耕助シリーズ作品読んだ

2018年の年末、自担が平成最後の金田一耕助となったために『犬神家の一族』を読んだ。おそらくは中学生か高校生の頃に読んだことがある気がするのだが、改めて読んでみたらめちゃくちゃ面白かった。昔に読んだときはあんまりちゃんとわかってなかったんだろ…

今年読んで面白かった本2018

今年は沢山読みました。せっかくなので、印象に残っている面白かった本を挙げておきます。エントリー作品は「私が今年読んだ本」なので今年発売じゃない本も沢山ありますというかそれがほとんどです。特に順位とかはないので順不同です。 『東京タワー』江國…

私の「いのち」の重さは ーポルノグラフィティ「フラワー」感想ー

ポルノグラフィティ最新曲「フラワー」が配信リリースされました。感想というか、私の話です。興味ない人は記事は読まなくていいので「フラワー」聴いてください。 要約:映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」のために書き下ろされた、いのちを花に…

本を読むならこんなふうに

2018年は本を沢山読んでいます。読書の秋なので、私の本まわりのグッズ等々の話など。興味があればおつきあいください。 今週のお題「読書の秋」 ブックカバー 読書管理ツール 読みたい本の見つけ方 読書はいいぞ ブックカバー あんまり使ってなかったんだけ…

#読書週間だからRTされた数だけお勧め本プレゼンする

読書の秋です。読んでますか?私は元気に読んでます。 Twitterでやったタグの本紹介、長くなるのでブログに書こうと思います。なんとなくジャンル別にしています。よければ読む本を選ぶ際の参考にどうぞ。全17冊です。 タイプライターズ出演作家さんの本 し…

頼りない夜に灯る、ひとつの光 ―『傘をもたない蟻たちは』感想―

文庫版『傘をもたない蟻たちは』が発売されました。折に触れては収録作の話をしているように思いますが、一冊まとめて書いた記事はなかったので、改めて読み感じたことをまとめておこうかと思います。例によって主観でしかありません。ただの感想文です。 傘…

EPCOTIAブックガイド ―宇宙旅行を楽しむ冴えたやりかた―

今週末からNEWSのツアー『EPCOTIA』が始まりますね! 今回のアルバムはSF色が強いので、読んだらEPCOTIA気分が高まりそうな本を紹介しようと思います。小説のなかではSFという分野が好きなので、その知識が初めて役に立つときがきました。いつもの通り、非常…

いとおしいひとたちの物語 ―『チュベローズで待ってる』感想―

※『チュベローズで待ってる』ネタバレ記事です。 『チュベローズで待ってる』、読了しました。加藤さんが書いた小説の中で、もしかしたら一番好きかもしれないと思うほどに面白い小説だった。今までで一番エンタメの度合いは高いのに、だからといって考える…

自担の本棚を読む2

飽きずにまだ続けています。最近の加藤さんは忙しくてあまり読む時間もないだろうし、読んだ本が追加される前になるべく読みたい。といいつつ新しいオススメも知りたい。 作品について考察をするのは好きだけれど、感想を書くという行為にはいまひとつ苦手意…

自担の本棚を読む

本棚を晒すことは脳を晒すことと一緒、とまではいかないだろうけれど、その人の考え方や好きなものを知る手掛かりにはなると思う。 というわけで、加藤さんのオススメしていた本・本棚にあった本を読んでみることにした。以前から読もう読もうとは思っていた…

ジャニオタの読書遍歴

早いもので、2015年6月から始めたこのブログもこの記事で100個目の記事となりました。たぶんひとつの記事について最低でも4000字近く書いているので、単純計算でも40万字くらいが詰まっていることになる。学生時代のレポートを全部集めたってこんなに書いて…

#読書週間だからRTといいねの数だけ好きな本を紹介しよう 

#読書週間だからRTといいねの数だけ好きな本を紹介しよう "((∩´︶`∩))"— 綴 (@penguincawaii) 2016年10月29日 ※タグをよく見たら「好きな本」って書いてあったけど絞れないからオススメの本を紹介するよ! 140字でオススメの本を紹介するのが難しすぎたので…