読書

頼りない夜に灯る、ひとつの光 ―『傘をもたない蟻たちは』感想―

文庫版『傘をもたない蟻たちは』が発売されました。折に触れては収録作の話をしているように思いますが、一冊まとめて書いた記事はなかったので、改めて読み感じたことをまとめておこうかと思います。例によって主観でしかありません。ただの感想文です。 傘…

EPCOTIAブックガイド ―宇宙旅行を楽しむ冴えたやりかた―

今週末からNEWSのツアー『EPCOTIA』が始まりますね! 今回のアルバムはSF色が強いので、読んだらEPCOTIA気分が高まりそうな本を紹介しようと思います。小説のなかではSFという分野が好きなので、その知識が初めて役に立つときがきました。いつもの通り、非常…

いとおしいひとたちの物語 ―『チュベローズで待ってる』感想―

※『チュベローズで待ってる』ネタバレ記事です。 『チュベローズで待ってる』、読了しました。加藤さんが書いた小説の中で、もしかしたら一番好きかもしれないと思うほどに面白い小説だった。今までで一番エンタメの度合いは高いのに、だからといって考える…

自担の本棚を読む2

飽きずにまだ続けています。最近の加藤さんは忙しくてあまり読む時間もないだろうし、読んだ本が追加される前になるべく読みたい。といいつつ新しいオススメも知りたい。 作品について考察をするのは好きだけれど、感想を書くという行為にはいまひとつ苦手意…

自担の本棚を読む

本棚を晒すことは脳を晒すことと一緒、とまではいかないだろうけれど、その人の考え方や好きなものを知る手掛かりにはなると思う。 というわけで、加藤さんのオススメしていた本・本棚にあった本を読んでみることにした。以前から読もう読もうとは思っていた…

ジャニオタの読書遍歴

早いもので、2015年6月から始めたこのブログもこの記事で100個目の記事となりました。たぶんひとつの記事について最低でも4000字近く書いているので、単純計算でも40万字くらいが詰まっていることになる。学生時代のレポートを全部集めたってこんなに書いて…