ポルノグラフィティ

個人的に聴いてほしい新藤さんのギターがやばい曲8選+α

Q:ギターのことわかるんですか? A:弾けないし全然わかんないです。でも好きなギターソロの話をしたいのでします。全部主観です。 01.サウダージ わかりやすいところから。サウダージのアウトロなんてわかりやすいでしょ、あんなの歌ってるでしょ。新藤さ…

叶った夢と見果てぬ夢と ―NIPPONロマンスポルノ '19 神VS神 2日目―

ポルノグラフィティ20周年おめでとうございます。 「NIPPONロマンスポルノ'19 神VS神」、2日目の感想です。1日目と同じ曲は省いたり省かなかったりする。前日に引き続きレポではなく個人的な感想です。 00.オープニング この日は2階スタンド席。前日がアリ…

あの日の私が見たかったものと今の私が見たものと ―NIPPONロマンスポルノ '19 神VS神 1日目―

ポルノグラフィティ20周年おめでとうございます。 「NIPPONロマンスポルノ'19 神VS神」の感想を忘れないうちに書いておこうと思います。まずは1日目から。とりあえず神セトリだったことは先に言っておこうと思います。神セトリだろこんなの。ちなみにレポで…

過去と対峙し未来へ向かう ―ポルノグラフィティ「VS」感想―

思うことがいっぱいありすぎてなかなか書けずにいたんだけど書かなかったらたぶん書いときゃよかったな~って思うだろうから書きます。 VS ・晴れやか イントロのピアノがまずいい。爽やかで決して暗くはないけれどちょっと切ない感じもありつつ静かに始まる…

ポルノグラフィティが東京ドームで20周年記念神セトリライブをやるよ!

※この記事は9/7、9/8に行われる「NIPPONロマンスポルノ'19 ~神VS神~」でやる曲を勝手に予想しただけの記事です。実際やるかどうかは知らないけど、そうそうこんな曲もあるよね聴きたいなって思ったら是非来てね!まだプレリクも一般発売も間に合うよ! 臼*…

ダイアリー 19/07/05、恋愛以上成就

ポルノグラフィティのことが大好きだ。出会ったときから今までずっと好きでいる。 7/5に発売になった雑誌「音楽と人」で、岡野さん・新藤さんそれぞれのロングインタビューが掲載されている。インタビュアーの方もとても真摯にポルノを掘り下げ伝えようとし…

ポルノグラフィティ全曲感想4:2003年

綴少女が小学校を卒業し、中学生になる年。小学校を卒業するなんて嘘だと思っていたし、卒業式の日の朝にこの先たぶん全部夢だなと思ったのを覚えている。ずいぶん長い夢だ。そんな長い夢のなか、綴少女は初めてCDが「買える」ということを知る。 2003.02.05…

ポルノグラフィティ全曲感想3:2002年

2002年編です。この頃はまだ小学生で、CDが買えるものだとは知らなかったので、最新作はレンタルしてもらってカセット(カセットって!)にダビングしていました。母にその作業をやってもらっていたものの、母はシングル表題曲以外ダビングしない人だったので…

ポルノグラフィティ全曲感想2:2001年

その2です。どの曲もだいたい同じ量で書こうと思っているけれど思わず筆がのっちゃってるときはちょっと長くなるかも。仕方ない。 あと今更になるけど、全曲「レビュー」ではなく「感想」なので思い出話をしていることも多々あります。この曲にはこんな思い…

色褪せない曲たちのこと、夢の景色 ―ポルノグラフィティ「UNFADED」感想―

幕張2日間、横浜2日間に行きました。レポではなくて個人の感想です。 推しのムライさんです。かわいい。 00.Opening オペラのような歌声。なんとなくDice are castツアーを思い出す。すごくどきどきする始まり方で、薄い膜が取り払われたらそこにポルノがい…

ポルノグラフィティ全曲感想1:1999年~2000年

ポルノグラフィティが20周年を迎えるまでになんかしたい!!!という気持ちが溢れたので全曲感想マラソンします。発表された順に個人的な主観200%の感想をまとめておくつもりです。最近の曲は感想記事を書いているから被る部分もあるけど。 1年ごとにまとめ…

私の「いのち」の重さは ーポルノグラフィティ「フラワー」感想ー

ポルノグラフィティ最新曲「フラワー」が配信リリースされました。感想というか、私の話です。興味ない人は記事は読まなくていいので「フラワー」聴いてください。 要約:映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」のために書き下ろされた、いのちを花に…

しまなみロマポルライビュ感想、あるいは彼らと生きてきた19年間について

10/20、ポルノグラフィティ初の試みである「しまなみロマンスポルノ'18 ~Deep Breath~ THE LIVE VIEWING」に行ってきました。あまりにも良すぎたのと、思うことがありすぎたので、感想を残しておきたいと思います。 ※「しまなみロマンスポルノ'18 ~Deep B…

立ち上がれLiving dead ―「Zombies are standing out」感想―

「Zombies are standing out」 9月25日、急に発表された配信限定シングル。9月28日より配信されています。今回はこの曲の感想記事です。100%の主観です。聴きすぎてゾンビ化しているので支離滅裂かもしれません。でもゾンビ化しているから仕方ないです。な…

20周年イヤーも全曲ストリーミング配信も始まったのでファン以外にも聴いてほしいポルノグラフィティプレイリスト

つい最近ドリフェスの予習のためにApple Musicを始めて、手当り次第に聴きたいアーティストを検索しては「このアーティスト聴きたいのに曲あんまないな~」とか思ってたらまさかの推しバンド全曲解禁。Apple MusicだけじゃなくLINE MUSICとかそういう系(サブ…

19年ぶんの時のうえに ―ポルノグラフィティ「ブレス」感想―

ポルノグラフィティ新曲、「ブレス」がリリースされました。今回もとんでもないシングルなので紹介せざるを得ません。圧倒的主観で紹介します。 要約:ポルノグラフィティ新曲「ブレス」(特に初回限定盤)は表題曲もカップリングも特典も全部やばいから買って…

進化するポルノグラフィティ ―新曲「カメレオン・レンズ」―

ポルノグラフィティ新曲「カメレオン・レンズ」。 この曲が評価される世界とされない世界があって、どちらに行くか自分で選べるんだとしたら、私は食い気味に前者と答える。そういう曲です。コアな人だけが知ってる曲なんかにしたくないので、この曲がどれだ…

「モンスター」「サブマリーン」感想

要約:新藤晴一、すごい 2月、新藤さんが歌詞を提供した楽曲が2曲もリリースされた。昨年末の関ジャニ∞「応答セヨ」もあるし、ここ最近は新藤さんの歌詞提供ラッシュである(個人的にはこの先も続いてほしい)。 「応答セヨ」については散々書いたので、「モン…

結婚式セトリと、ありふれた特別のはなし

私事ではありますが、先日結婚式を挙げました。寒かったけれど、そのぶん天気がよく空がきれいで、とてもいい一日になりました。 使用する楽曲はすべて私が選曲したので、せっかくだから記録がてら残しておこうかと思います。ほとんどNEWSとポルノ。 01.新…

「あなたのポルノグラフィティはどこから?」アンケート結果

先日行いましたアンケートの結果発表記事となります。 アンケート概要 回答期間:2018年1月9日21時~2018年1月12日21時(3日間) ※手動で開始・締切を行うので多少のズレが生じる可能性があります。ご了承ください ※「ファン」の定義:自分がファンだと思った…

そうだ、「愛が呼ぶほうへ」を聴こう

冬です。 「愛が呼ぶほうへ」という名曲をご存知でしょうか。冬になると聴きたくなる、素敵なラブソングです。「ラブソング」といっても君と僕の恋を歌ったラブソングではなく、「愛」を擬人化して歌ったとても広くて優しくあたたかい曲です。 そんな「愛が…

映画「泥棒役者」主題歌としての「応答セヨ」

要約:新藤さんの歌詞のすごさを知るためにも映画「泥棒役者」を観てください 「応答セヨ」を初めて聴いたときから、新藤さんのいいところの詰まった素敵な歌詞だと思っていた。どことなく丸山さんや関ジャニ∞とも重なるところがあり、しかしポルノファンに…

スターゲイザーとスターライダー ―「応答セヨ」感想―

新藤さんが関ジャニ∞の曲を作詞するときいたときは驚いた。全然信じられなかったけれど、実際に曲を聴いたらすぐにわかった。こんな歌詞を書くのは新藤さんしかいない。 11/15、CDが発売されて、ようやくフルサイズが聴けた。ラジオでオンエアされていたサイ…

#ポルノグラフィティマイベスト15

私もやってみました。 www.kansou-blog.jp シングル以外の曲からの選曲です。ここ三日ほど悩んで十回ほどむ考えるのやめようと思ったんですがどうしてもマイベストでプレイリストを組みたかったのでめちゃくちゃ悩みに悩んで選び抜きました。 01.ライオン(…

ポルノグラフィティという色 ―『BUTTERFLY EFFECT』感想―

ポルノグラフィティ2年ぶりのアルバム『BUTTERFLY EFFECT』が発売されました。19年目も現在進行形で最高な二人が放つ最高なアルバムなので、このアルバムがすげーんだって話を聞いてほしいんでブログに書きます。いつも通り100%の主観です。 M1.THE DAY 作…

関ジャニ∞ファンにプレゼンしたい新藤晴一作詞楽曲

まさか、新藤さんが丸山さん主演映画の主題歌の歌詞を書く日が来るなんて、思ってもみなかった。何度書いても読んでも信じられない。同姓同名同バンド名の新藤晴一さんなんじゃないかと疑ったけれど、あんなバンド名いくつもないだろうし多分私が知っている…

とある「晴一チルドレン」の独り言 ―『ルールズ』感想―

新藤さん二作目の小説が出版された。アスマートで予約しているにも関わらず発売日には届かなさそうだったので、本屋に行って買ってきた。『時の尾』が2010年なので、7年振りの新作となる。7年は待てたけど本が届くまでの1日2日は待てなかった。 世間的にも夏…

挑戦者であるために ―ポルノグラフィティのみる夢―

9月8日にデビュー18周年を迎えるポルノグラフィティ。しかし彼らは少しも現状に留まるつもりはないのだと、昨夜の生配信番組「しまなみテレビ」を見て思った。わかってはいたけれど、思っていたよりずっと彼らは前を見ている。 改めてそのことに気付き、あま…

PVにみるポルノグラフィティのファンタジー

先日、フォロワーの方と「ポルノグラフィティの17年間をPVで駆け抜ける会」を実施した。正規の手段で販売されているものを集めるとデビュー曲「アポロ」から2016年の「THE DAY」までのフルPVを見ることができることが発覚したので、せっかくだから見てみよう…

ラバッパーにオススメするNEWS

先日、ラバッパー(ポルノのFC「love up!」の会員のこと)の方からこんなaskをいただきました。 ask.fm とても嬉しい質問で全力でお答えしたい!と思ったので、NEWS担の綴がラバッパーの綴にNEWSをオススメするような気持ちでブログを書くことにしました。その…